土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2007年12月1日 超お得!日帰りプランで満喫
豪華 憧れの湯宿
箱根

老舗旅館の日帰りプラン 宿泊料の3分の1で超お得!

リポーター: 土田早苗&石野真子

箱根湯本に降り立ったのは、土田早苗と石野真子。まずはバスに乗ってテーマパーク「箱根園」へ。箱根水族館で巨大ゾウガメの散歩に遭遇したり、足湯に浸かりながらアザラシのショーを見学するなど楽しむ。そしてロープウェイとケーブルカーを乗り継ぎ、絶景の富士山を眺めながら目的の宿へ。「強羅環翠楼」は旧三菱財閥 岩崎家の別荘を譲り受け昭和24年に創業。それぞれの部屋から異なる庭園美を堪能できる名旅館。通常1泊2食21,150円のところ、日帰りだと7,400円で利用できる。2人は宿自慢の野趣あふれる1万坪の庭を早速散策。庭の絶景を満喫したら露天風呂へ。そしてお楽しみの昼食は、夜の宿泊者と同じ豪華懐石膳をいただき、贅沢三昧な時を過ごす。宿を後にして次に向かったのは仙石高原。「ル・グラン・ブルー・デ・フルール」で旅の思い出にプリザーブドフラワーを使ったアレンジメント作りを体験する。最後は仙石原すすきの草原へ行って、女2人の楽しい箱根日帰り旅は締めくくられる。


お問い合わせへ

伊香保

名宿・二軒をめぐる 究極の日帰りプラン!

湯原昌幸&荒木由美子 夫妻
東京から新幹線とローカル線を乗り継ぎ約1時間15分、渋川に湯原昌幸・荒木由美子夫妻が到着。早速バスに乗り「三作こけし」へ。渋川は「創作こけしの里」とも呼ばれていて、2人は創作こけしの「へそくりっこ」に絵付け体験する。再びバスに乗り伊香保温泉へ。今回のお目当ての宿「景風流(ケーブル)の宿 かのうや~別邸そらの庭~」は明治22年創業の老舗旅館。専用のケーブルカーに乗って宿に向かう。2人が利用する日帰り昼食プランは、宿泊すると通常1泊2食31,650円(入湯税込み)のところ、12,600円で満喫できるお得なプラン。部屋に荷物を置いたら、山々を望む食事処でフレンチ料理に舌鼓。ランチを堪能した後は、伊香保温泉の名湯に浸かったり、部屋でくつろいだりと、高級旅館での優雅な時間を過ごす。宿を後にし、温泉街を散策。石段街で下駄屋をのぞいたり射的をするなど楽しむ。充分に伊香保を満喫した2人だが、、さらにもう一軒、高級旅館の日帰りプランを利用することに。「お宿 玉樹」は宿泊すると通常1泊2食で23,250円(入湯税込み)のところ、日帰り夕食プランだと12,600円で可能。部屋でひと休みしたら、食事処で榛名山麓牛などの地元の食材を使った懐石料理を堪能する。そして食後は、本日2度目の温泉に浸かり温泉三昧。旅館を2軒はしごし、盛りだくさんな伊香保日帰り旅となった。

お問い合わせへ

湯河原

宿泊料の半額以下!! 高級宿満喫の日帰りプラン

リポーター:沢田雅美&芦川よしみ
東京から約1時間、湯河原にやって来たのは沢田雅美と芦川よしみ。湯河原の町を散策してから、お目当ての宿に行くことに。まずは「みかん狩り案内所」の看板を発見。みかん農園「みたけ園」にて、海を臨みながらみかん狩りを楽しむ。そしてみかん最中が名物の和菓子処「味楽庵」へ。ここでは店舗と隣接する体験工房で、職人さんの指導のもと、季節の花の和菓子作りを体験する。続いてバスに乗り、お目当ての宿がある奥湯河原温泉へ。「海石榴」は数奇屋造りの小さな宿がひっそりと根をおろした一度は行ってみたい憧れの高級宿。通常1泊2食45,300円(変動あり)のところ、日帰り利用だと22,050円。部屋でひと息ついたら、早速館内を見学し、華やかさに感嘆する。昼食は京懐石の豪華料理、美味しすぎて思わず完食。食後は庭を眺めながら入れる石造りの半露天風呂で名湯を満喫する。極上の大人の時間を十分満喫した2人は宿に別れを告げ、湯河原の観光名所「不動滝」へ行く。そして最後に、海辺に立つ食事処「麦とろ童子」へ。名物「釜揚げしらす丼」をいただき、日が沈む海を眺めながら、憧れの宿を利用する湯河原の日帰り旅は終わる。

お問い合わせへ

箱根

名門クラシックホテル 1日3組限定の日帰りプラン

リポーター: 市川森一&柴田美保子 夫妻
新宿から小田急ロマンスカーに乗って約1時間半、箱根湯本駅に降り立ったのは、市川森一・柴田美保子夫妻。箱根の温泉街を歩き、老舗の豆腐屋「萩野」で濃密な豆腐をいただく。そしてタクシーに乗って「阿弥陀寺」へ。おいしい抹茶と和菓子をお願いし、住職の琵琶の弾き語り説法を聞く。再び駅に戻り、バスでお目当ての「富士屋ホテル」へ向かう。明治11年に日本のリゾートホテルの先駆けとして建てられた「富士屋ホテル」。2人はコンシェルジュの案内で本館のホテル内のみどころを見学する。そして今回日帰り利用する「別館 菊華荘」へ。純日本建築の建物と庭園を持つ宿で、通常1泊2食30,600円の部屋が日帰り昼食プランだと8,450円(1日3組限定)で利用できる。早速、ホテル自慢の貸切風呂で温泉に浸かる。部屋でひと休み、由緒ある食事処バラの間にてお楽しみの昼食。豪華な懐石御膳を堪能する。食後は美しい庭園を散歩、優雅な大人の箱根日帰り旅となった。

お問い合わせへ

鬼怒川

一泊35,000円の高級旅館が 日帰りプランで6,500円に!

リポーター: ジャガー横田&母
浅草から特急列車で約2時間、鬼怒川温泉へやってきたのは、ジャガー横田と母・千恵子さん。鬼怒川温泉駅に到着すると、早速鬼怒川のキャラクター「鬼怒太」の銅像に出迎えられる。温泉街を散策していると「鬼怒ぴかまんじゅう」と書かれたのぼりを発見。「盛永本店」主人の力作、栃木の地のものを使った、かんぴょう入りピリカラまんじゅうをいただく。次に訪れたのは「鬼怒川温泉芸妓・芸妓屋組合」。ここでジャガー横田が、現役の芸妓さんにメイクをしてもらい本格的な「芸妓さん変身体験」をする。芸妓の格好で周辺を散策。「ふれあい橋」から鬼怒川をバックに親子で記念撮影をする。着替えをし、今回お目当ての宿、鬼怒川沿いに建つ高級旅館「山楽」へ向かう。眼下に鬼怒川が望める「楓橋」へ通される。この部屋は通常1泊2食35,700円のところ、日帰りだと6,500円で利用できる。2人は広い部屋でゆったりと郷土の味覚を生かした和の膳をいただき大満足。そして古代檜風呂に浸かり鬼怒川温泉の湯を満喫する。部屋でのんびり休み、語らい、久しぶりに親子水入らずの時間を過ごせた2人。普段は鬼嫁と言われるジャガー横田の目にも涙の親孝行の旅となった。

お問い合わせへ

鹿児島

天空に浮かぶ憧れの宿 超お得な日帰りプラン

リポーター: 岡まゆみ&大場久美子
鹿児島へ日帰り旅に向かったのは、岡まゆみと大場久美子。通常1泊20万円もする豪華宿が、日帰りだととても安くなるということで、羽田から約2時間、飛行機で鹿児島空港へ飛び立つ。到着後、バスに乗車し観光名所にもなっている嘉例川駅へ。駅舎を見学し、元国鉄マンの名物名誉駅長に会いに・・・。そしてお腹がすいた2人は、食事処「嘉好」で田園風景を眺めながら松花堂弁当をいただく。再びバスに乗って目的地の妙見温泉へ。今回の宿「天空の森」へは送迎バスでゲートまで行き、そこでカートに乗り換えチェックイン場所の丘に向かうという、敷地面積15万坪の1日5組限定のスパリゾート。宿泊棟「天空」に宿泊すると、なんと1泊2食20万1,400円。今回2人が利用するのは「花ちる里」。テラスから霧島連峰を一望でき、露天温泉も源泉かけ流し、冷蔵庫の中の飲み物は飲み放題、ランチも付いて4時間31,500円で利用できとってもお得。二人は、開放感あふれる露天風呂で温泉を満喫したり、テラスでピクニックランチをいただいたりと、優雅な気分に浸る。最後に従業員に案内されたシンボルツリーの丘から絶景の夕景を見て、究極の贅沢鹿児島日帰り旅は終わる。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト