最新情報

2017.10.21 第3話のストーリー・予告動画と、第2話のフォトギャラリーを公開しました

第2話フォトギャラリー

第2話のフォトギャラリーを公開しました!

第2話のフォトギャラリーはこちら

第3話ストーリー

第3話のストーリー・予告動画を公開しました!

第3話のストーリーはこちら

2017.10.14 第2話のストーリー・予告動画と、第1話のフォトギャラリーを公開しました

第1話フォトギャラリー

第1話のフォトギャラリーを公開しました!

第1話のフォトギャラリーはこちら

第2話ストーリー

第2話のストーリー・予告動画を公開しました!

第2話のストーリーはこちら

2017.10.13 今夜8時から放送直前企画!
高杉真宙×葉山奨之 LINEライブ配信のお知らせ!

今夜8時から放送直前企画!
高杉真宙×葉山奨之 LINEライブ配信のお知らせ!

放送直前企画として内海想を演じる高杉真宙と瀬戸小吉を演じる葉山奨之の2人によるLINE LIVEを今夜8時頃よりテレビ東京のLINEアカウントにて配信いたします。「セトウツミ」の見どころや、撮影の裏側などをリアルタイムで2人が語ってくれます!

LINE LIVEアプリからコメントをして二人に直接質問を投げかけることもできます。もしかしたら2人から答えが返ってくるかも!?是非リアルタイムでご視聴ください。

【LINE LIVE配信概要】
≪ドラマ25「セトウツミ」放送直前企画≫
配信日時:2017年10月13日(金)夜8時頃から
出演者 :高杉真宙、葉山奨之、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)

視聴予約はこちらから

LINE公式アカウントからも視聴できるので、ぜひ「テレビ東京」で検索して友だち追加して下さい!(LIVE開始時にお知らせがきます)

2017.10.06 「セトウツミ」の劇伴として「OKAMOTO'S」のヴォーカリスト、オカモトショウが楽曲を提供

「セトウツミ」の劇伴として「OKAMOTO'S」のヴォーカリスト、オカモトショウが楽曲を提供!

10月13日(金)からテレビ東京ほかで放送スタートの、ドラマ25「セトウツミ」の劇伴として「OKAMOTO'S」のヴォーカリスト、オカモトショウが楽曲を提供することが決定しました!

セトウツミをドラマ化するにあたって制作スタッフが大事にしたかったのは「仲間との時間」。青春の様々な悩みを抱えて生きている瀬戸と内海を音楽によって優しく包み込んでほしいという思いから、そうした空気を作り出せるアーティストとしてオカモトショウに依頼することに。念願かなってオカモトショウから提供された楽曲は「いつもの河原でただ“喋る”だけ」の作品に多彩な彩りを添えている。

「OKAMOTO'S」
全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト。2017年8月2日には待望のフルアルバム7枚目の「NO MORE MUSIC」をリリース。 また、明日2017年10月7日、東京・中野サンプラザにてキャリア初のホールワンマンを開催、東京を皮切りに新アルバムを携えての全国23か所ツアーを敢行予定。

オカモトショウコメント:
監督からのラブコールをいただいての今回の参加。
何度かアイデアのキャッチボールをしたり、曲のやりとりをしつつ、ほぼ何の縛りもなくのびのびと書かせていただきました。
劇伴は初めての経験。
ドラマにとって刺激的な隠し味になってくれたら嬉しいです。

瀬田なつき(監督)コメント:
(オカモトさんにとって)今回初めての、劇伴制作ということでしたが、脚本を読んで、多様な楽曲を柔軟に作ってもらいました。OKAMOTO'Sのつくる音楽が奏でる、飾らない、日常から生み出される、ストリート感や、フレッシュさ、いろんな要素がミックスされたメロディーやリズムは、セトウツミの高校生の放課後の暇つぶしを、面白く彩ってもらえたのではないかと思います。

宮崎大(プロデューサー)コメント:
今回監督と音楽はどうしましょうと相談した時、最初の段階からOKAMOTO'Sの名前が出ていました。(映画版もプロデュースした)私も映画と印象を変えようとした時に音楽以外ないと思っていたので賛成しました。映画では片想いとそれぞれの抱えている孤独を描きましたが、今回のドラマではショウさんの音楽と新しいキャスト陣の演技が相まって、内海が生まれて初めて感じる瀬戸たち仲間との楽しい時間やその中で再生していく内海の生を優しく包み込んでくれる楽曲を作っていただけたと思っています。

2017.10.06 ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

2017.08.08 高杉真宙×葉山奨之W主演「セトウツミ」ドラマ化決定!

高杉真宙×葉山奨之W主演「セトウツミ」ドラマ化決定! 「読むテレ東」でつづきを読む

バックナンバー

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト