写真家ならではの視点で切り取る美しい日本。日本を代表する写真家が「未来に残したい情景」を求めて旅に出ます。

2009年・秋。「写真家たちの日本紀行」スペシャルとして、写真界を代表する2大巨頭、淺井愼平さん、立木義浩さんが登場します。淺井愼平さんが向ったのは、青春時代を過ごした早稲田の地。上京後、最初に暮らした早稲田。日々目まぐるしく変化する東京で、変わらない町並みが残る唯一の土地と、淺井さんは語ります。そんな早稲田で淺井さんは、かつて過ごした寮や商店街、数十年ぶりに訪れた母校・早稲田大学での卒業式。懐かしの早稲田を淺井さんが切り取ります。立木義浩さんは九州の最大都市、福岡・博多でエネルギッシュな情景を求め旅に出ます。日常の情景を見た時に、想像力を喚起させ、普通とは違う世界を表現したいと語る立木さん。かつての繁栄の面影を残す炭鉱跡、博多の象徴・屋台街、艶やかな姿で博多の街を彩る博多芸妓、博多三大祭の一つ・放生会(ほうじょうや)など、立木流で写し取って行きます。二人の写真家が見せる二つの目線、ぜひご堪能下さい。

写真家たちの日本紀行 フォトアーカイブ

「写真家たちの日本紀行」はBSジャパンで毎週土曜よる7:30~8:00 好評放送中!(再放送は翌週土曜日午後2:00~2:30放送)

「写真家たちの日本紀行 スペシャル ‘09 秋」の写真は、放送後、下記番組ホームページでご覧になれます。