過去の放送

過去の放送一覧へ戻る

2015年7月27日放送 認知症徹底予防スペシャル第3弾

常に人々の関心を集めている「認知症」の最新予防法を大公開!
65歳以上の約15%に当たる、約462万人が患っているという認知症。その中で「脳血管性認知症」は、
かなりの確率で予防する事ができるといいます。そのポイントは、「血流をアップ」させる事!番組では、
「脳血管性認知症」の初期の症状や、発症に至る過程を詳しく説明し、理解を深めながら、予防に効果的である、「血流をアップ」させる具体的な方法を解説していきます。誰でもどこでも簡単にできるその方法とは…

脳血管性認知症の症状とは?
担当医師
浦上克哉医師

■脳血管性認知症
脳の血管の一部が詰まったり破れたりした事で、脳神経細胞の一部が死滅し、
その事が原因となって発症する認知症。

    《今回取材した脳血管性認知症を患う男性(60代)の症状》
  • ・1時間前の食事内容を覚えていない。
  • ・会話はほぼ単語だけ。
  • ・自分から話したり歩いたりはできない。
  • ・きっかけを与えると続けて行う事ができる。
  • ・日時によって症状が変化する。
    ●脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違い
  • ◆浦上医師
  • ・アルツハイマー型認知症ほど強い物忘れはない事が多い。
  • ・アルツハイマー型認知症よりも運動障害が出る事が多い。
    例)言葉が出にくくなる、歩行が困難になる、嚥下が困難になるなど。
  • ◆上山医師
  • 逆行性健忘…脳血管性認知症に多いといわれる物忘れの特徴。
         最近の事は忘れるが、昔の事は覚えている事が多い。
脳血管性認知症の前触れとは?
担当医師
浦上克哉医師
    《今回取材した男性に起きた、発症の前触れ》
  • ・40代後半で受けた健康診断で、脂質異常症と診断された。
  • ⇒その後「缶のフタが開けられない」「車の運転が下手になった」などの症状が起きる。
  • ⇒その後に脳梗塞を発症。
    2か月間入院し、投薬治療を経て退院。

脳梗塞発症後
・うつ病の様な症状が現れるが、抗うつ薬を飲んでも改善されなかった。
⇒その後「脳血管性認知症」と診断。

●うつ病と脳血管性認知症の症状の違い
うつ病の場合
■物忘れを指摘されると、思い出す場合が多い。
■物忘れをした事で、自分自身を責める傾向がある。
脳血管性認知症の場合
■物忘れを指摘されても、思い出せない場合が多い。
■忘れた事について、他人を責める傾向がある。

●脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違い
脳血管性認知症の場合
■記憶がまだらに抜け落ちる事が多い。
■症状が、日や時間によって変化する事が多い。
アルツハイマー型認知症
■全体的に記憶力が低下する事が多い。
■症状は日や時間ではあまり変わらない事が多い。

脳血管性認知症の予防法とは?
担当医師
浦上克哉医師
    ◆浦上医師
  • ・脳血管性認知症の前段階の事を「VCI」(脳血管性認知症予備群)と呼ぶ。
  • ・VCIの時点で正しく対処しておけば、認知症への進行を食い止めたり、
    発症を遅らせたりする事も可能。
    ●脳血管性認知症予備群を予防する為の取り組み
    頸動脈エコー検査
  • …頸動脈に超音波を当てて、動脈硬化を診断する検査。
    動脈硬化が進行すれば、脳血管性認知症予備群になる可能性も高くなる。
    動脈硬化を日頃から検査して、早期に対処する事で認知症全般の予防につながる。
脳の血流をアップして認知症を予防!
担当医師
浦上克哉医師

◆浦上医師
普段あまり使っていない脳神経細胞を使い、
脳の血流をアップさせる事が、認知症の予防につながる。

脳の血流をアップさせる方法
●利き手と逆の手を使う
普段の生活の中で行う動作を、利き手と逆の手で行う事で、
普段は使われていない脳神経細胞が働き、脳の血流がアップするという。
●塗り絵
線からはみ出さない様に意識したり、色使いなどを考えながら手を動かす事で、
普段は使われていない脳神経細胞が刺激され、脳の血流がアップするという。

MC 草野仁、東野幸治
アシスタント 森本智子(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト 大桃美代子、瀬川瑛子、三田村邦彦(五十音順)
医師 《番組主治医》
秋津壽男(あきつ としお)    秋津医院 院長/内科
上山博康(かみやま ひろやす)  禎心会病院 脳疾患研究所 所長/脳神経外科
丁宗鐵(てい むねてつ)     日本薬科大学 学長/漢方・統合医療・未病学
南雲吉則(なぐも よしのり)   ナグモクリニック 総院長/乳腺外科・形成外科
姫野友美(ひめの ともみ)    ひめのともみクリニック 院長/心療内科
中山久德(なかやま ひさのり)  そしがや大蔵クリニック 院長/内科
《ゲスト医師》
浦上克哉(うらかみ かつや)   鳥取大学医学部 教授/脳神経疾患
PAGETOP