過去の放送

過去の放送一覧へ戻る

2016年12月19日放送 オシッコトラブル スッキリ解決SP

頻尿、残尿感、尿もれ…皆さんはオシッコの悩みありませんか?
なかなか人には相談できないその悩みを解決します!
さらに、オシッコの泡立ち方や色で、
危険なオシッコの見分け方も完全伝授!
今回は、オシッコの悩みを一挙に解決する2時間スペシャルです!

あなたは大丈夫? オシッコ危険度チェック
担当医師
山西 友典(やまにし とものり)医師/獨協医科大学 排泄機能センター 主任教授

あなたは大丈夫? オシッコ危険度チェック
Q1 日中8回以上トイレに行く(起床から就寝までの間)
Q2 夜中に2回以上トイレに行く(就寝から起床までの間)
Q3 急にオシッコがしたくなり、ガマンが難しい事が、週1回以上ある
Q4 オシッコが出るまで時間がかかったり、途切れる事がある
Q5 トイレの後に残尿感がある
Q6 オシッコをした直後に下着が濡れてしまう事がある(ちょいもれ)
Q7 咳やくしゃみ、重い物を持った時などに、オシッコが濡れてしまう事がある
Q8 最近、就寝後にトイレが増え、日中は下半身がむくむ

チェックの判定
◯の数が 3個以上 イエローカード…排尿機能の低下や膀胱に問題がある可能性。
                  生活の改善が必要と考えられる。
     5個以上 レッドカード…早めに病院へ行く事をオススメする。
※Q8 に当てはまった方
 →超レッドカード…何らかの体の異常が考えられるので、すぐに病院で調べてもらった方が良い。

座るだけでオシッコトラブルが改善するマシン
担当医師
関口由紀(せきぐち ゆき)医師/女性医療クリニックLUNA 理事長

尿もれの主な原因
①骨盤の底にある骨盤底筋が弱くなり、膀胱や尿道を引き締められなくなる。
 原因は加齢、運動不足、女性の場合は妊娠、出産、女性ホルモンの減少など。
②膀胱の周りの神経に何らかの異常が起きた結果、過活動膀胱が起こる事がある。
 ※過活動膀胱…神経が過剰に反応し、膀胱に尿がほとんど溜まっていない時にもオシッコがしたくなる症状。
磁気刺激装置
・椅子の座面から磁気を発生させ、膀胱や尿道の働きを担う部分に刺激を与える。
※女性の場合に限り、機械の種類によって健康保険が適用できる場合があります。
 機械の有無などについては、お近くの病院などにお問い合わせ下さい。

自宅で尿もれが治せる!超カンタン体操
担当医師
関口由紀(せきぐち ゆき)医師/女性医療クリニックLUNA 理事長

ピフィラテスとは
アメリカで考案された、骨盤底筋を効果的に鍛える運動療法。
<立った状態でできるカンタン エクササイズ>
 ①肩幅に足を開いて、腰に手を当てる。
 ②右足を一歩前に踏み出す。(足首の上にヒザがくるように意識)
  ポイント…後ろ足のももの裏とお尻に力を入れる。
 ③足を前に出して戻るを、3回繰り返す。
 ④足を前に出したまま、3秒間キープする。
 ⑤息を吐きながら、体を上下に3回弾ませる。
 ※左足も同様に行う。
※高齢の方や筋力の弱い方などはイスに手をかけるなどして、転倒に十分注意の上行って下さい。

<寝た状態でできるカンタン エクササイズ>
 ①ヒザを立て、クッション・枕・座布団などをヒザに挟んで、あおむけになる。
  両手は体の横に自然に置く。
  お腹は平らにし、腰の裏に手が入らないよう、床に付ける。
 ②クッションを落とさないように、股関節を巻き上げるイメージでお尻を10回持ち上げる。
 ③お尻を上げたままの姿勢で、10秒間キープする。
 ④息を吐きながら、お尻を上下に10回弾ませる。

・2つのエクササイズを合わせて1日5~10分程度行うと良い。
※決して無理せず、できる範囲で行って下さい。
 妊娠中や持病のある方は医師に相談してから行って下さい。

生活の中でカンタンにできる過活動膀胱の改善法
ガマン訓練…トイレをまずは5分ガマン、できたら10分と増やしていく。
※ただしガマンのし過ぎは禁物

男性の排尿後の“ちょいもれ”を防ぐ方法
[山西医師]
ミルキング…排尿後、お尻と睾丸の間の部分を、前の方に向かって絞るように数回、軽く押す。
[丁医師]
男子排尿体操…排尿後、つま先立ちをしながら、肛門に3回程度力を入れる。

危険なオシッコの見分け方
担当医師
秋津壽男(あきつ としお)医師/秋津医院 院長

危険なオシッコを「泡」で見分ける方法~泡の1分後を見る!~
[秋津医師]
・正常な尿の泡はすぐに消えるが、タンパク質を含んだ尿の泡はなかなか消えない場合が多い。
危険なオシッコを「色」で見分ける方法~赤系統のオシッコが出たら要注意!~
 透明~薄い黄色 → 正常な尿。
 白い濁り → 炎症による白血球が出ている可能性。膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎などが考えられる。
 オレンジ → 黄疸の可能性。急性肝炎、胆石などの肝臓や胆のうの病気が考えられる。
 赤 → 腎臓の病気の可能性。腎臓結石、尿路結石、重症の膀胱炎、がんなどが考えられる。
 黒 → 慢性腎臓病(IgA腎症)、代謝性の疾患(ポルフィリア)、がんなどの可能性が考えられる。
※・尿に色があった場合でも、必ずしも病気である訳ではありません。
  また尿に色があった場合に分かる、全ての病気を記している訳ではありません。
 ・血尿などが出たら、まずは医療機関へご相談下さい。


夜間の頻尿が危険な病のサインだった方の証言
担当医師
山西友典(やまにし とものり) 獨協医科大学病院 排泄機能センター 主任教授/泌尿器科

心臓の病気が原因の危険なオシッコの見分け方
①起きている時に足がむくむ、
②就寝後のオシッコの回数や量が多い ※これらの原因が心臓病ではない場合もあります。
心臓病と夜間頻尿の関係
①心臓に異常が起きるとポンプ機能が弱る。血液や水分が心臓に戻りにくくなるため、下半身がむくむ。
②夜に横になると下半身にたまった血液や水分が心臓に戻るため、
 心臓は負担を下げようと利尿ホルモンを分泌し、オシッコを作る。
③その結果、膀胱にオシッコが溜まり、夜間にトイレに何度も行きたくなる(夜間多尿)。

危険な夜間の頻尿を見分けるポイント
[山西医師]
・計量カップで自分のオシッコの量を測り、トイレでカレンダーに時間と量を記入する。
 3日間計ってみて、夜間のオシッコが1日の量の3分の1を超えたら、何らかの異常が考えられるため
 医療機関を受診する事をオススメします。

オシッコでがんを発見!注目の尿検査
担当医師
秋津壽男(あきつ としお)医師/秋津医院 院長
姫野友美(ひめの ともみ)医師/ひめのともみクリニック 院長 

尿中NMP検査
<この検査からわかる病気>
膀胱がん、腎盂がん、尿路のがん など
※尿中NMP検査は通常、尿細胞診(尿に出た細胞を顕微鏡で診る検査)などと一緒に行われます。

尿中ジアセチルスペルミン検査
・尿から全身のがんの有無が調べられる検査。
 ただし、がんの有無は分かっても、体のどこにあるのかは分からない。
・発見しにくい、すい臓がんや胆管がんの発見に有効とされる。

食べて治す!オシッコトラブル改善料理
担当医師
丁宗鐵(てい むねてつ)医師/日本薬科大学 学長

丁医師プレゼンツ:山芋と銀杏の茶碗蒸し
<材料>(4人分)
【茶碗蒸し】
・山芋(長芋)  200g
・タマゴ      1個
・むきエビ(小)  4尾
・穴子      8切れ(1cm幅)
・銀杏      16個
・塩        少々
・ワサビ      少々
【あん】
・ダシ      200㎖
・みりん     大さじ1
・薄口醤油    大さじ2/3
・片栗粉     大さじ1/2
・水       大さじ1/2

<作り方>
①長芋をすり下し、タマゴは溶きほぐして混ぜ合わせ、器に移して具を入れる。
②蒸し器に入れて13~15分蒸す。
③あんの材料を混ぜ、沸騰させずに温める。
④あんを上にかけ、ワサビを添えて完成。

銀杏…頻尿・尿もれを改善するとされる。
山芋…腎臓の炎症を抑えて腎機能を高めるとされる。
柿の葉茶…腎臓や尿路の炎症を抑えるとされる。

MC 草野仁、東野幸治
アシスタント 森本智子(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト 東貴博、藤田朋子、藤吉久美子、増田惠子、松崎しげる(五十音順)
医師 <番組主治医>
秋津壽男(あきつ としお)   秋津医院 院長/循環器内科
上山博康(かみやま ひろやす) 札幌禎心会病院 脳疾患研究所 所長/脳神経外科
丁宗鐵 (てい むねてつ)   日本薬科大学 学長/漢方
中山久德(なかやま ひさのり) そしがや大蔵クリニック 院長/内科・リウマチ科
南雲吉則(なぐも よしのり)  ナグモクリニック 総院長/乳腺外科・形成外科
姫野友美(ひめの ともみ)   ひめのともみクリニック 院長/心療内科

<ゲスト医師>
関口由紀(せきぐち ゆき)   女性医療クリニックLUNA 理事長/泌尿器科
山西友典(やまにし とものり) 獨協医科大学病院 排泄機能センター 主任教授/泌尿器科
PAGETOP