過去の放送

過去の放送一覧へ戻る

2017年4月24日放送 10歳若返るぞ!プロジェクト第6弾 リンパを流して見た目を若返らせ体の中も健康にするぞ!SP

大好評企画「10歳若返るぞ!プロジェクト」第6弾!
むくみやたるみをスッキリさせ、シャープな体に!肌のカサつきやクスミを防いで、美しく!
さらに免疫力までアップし、病気になりにくい体を作る!
これらは、リンパを上手に流すと一度にできてしまうという。
今回は、そんなリンパを上手に流す方法をたっぷりお教えします。

リンパを流して見た目を若返らせよう!
担当講師
佐藤佳代子(さとう かよこ)
後藤学園附属 リンパ浮腫研究所 所長/医療リンパドレナージ・リンパ浮腫治療

リンパドレナージとは?
・医療現場で行われているリンパを流す方法

【見た目を若々しくするためのリンパの流し方】
ポイント
・最初に鎖骨まわりから流す
・流す時は、ごく優しく行う

足をスッキリさせるための リンパの流し方
1、前に5回ほど、後ろに5回ほど、肩を大きくまわす。
2、楽な姿勢で片足を伸ばして座る。
  もう片方の足は曲げても伸ばしてもOK。
3、足の付け根に手を当て、5回ほど優しくまわす。
4、太ももを3等分し、
  両手を当て1か所につき3回ほど、円を描くようにまわす。
5、ふくらはぎを3等分してそれぞれ3回ほど、円を描くようにまわす。
6、つま先から足の付け根に向かってなでる。
※もう片方の足も、1~6の順で行う。
※持病のある方は医師と相談の上で行って下さい。

顔をスッキリさせるための リンパの流し方
1、中指と薬指を鎖骨のくぼみにあてる。
2、くぼみの中をなでるように、5回ほどまわす。
2、首を上下2つに分け、下側から行う。
  指を首の付根にあて3回ほどまわす。
3、首の上側に3本の指をあて、3回ほどまわす。
4、耳たぶの下に指をあて3回ほどまわす。
5、耳たぶの下に指をあて、鎖骨へ向かってなでる。
  これを3回ほど繰り返す。
6、人差し指と中指で耳を挟み、3回ほどまわす。
7、耳を挟んだところから鎖骨へ向かって優しく流す。
  これを3回ほど繰り返す。

※持病のある方は医師と相談の上で行って下さい。

リンパを流して病気になりにくい体に!
担当博士
大橋俊夫(おおはし としお)信州大学 医学部 特任教授/リンパ学

リンパ節について
リンパ菅の途中にある丸く膨らんだ部分。
この中には、ウイルスや細菌と戦う、リンパ球と呼ばれる免疫細胞がたくさん溜まっており、
リンパ節にたどり着いたウイルスや細菌が、全身へ広がるのを食い止める役割を持つ。

リンパの流れチェック(大橋俊夫博士 監修)
①昼間、眠くなる事が多い。
②カゼをひきやすい。
③肌のカサつきやクスミが気になる。
④口内炎になると、1週間以上治らない。
⑤汗をかきやすいが、水分はあまり摂らない。
⑥座りっぱなしの時間が長い。
⑦お風呂は、入浴よりもシャワーで済ます事が多い。

2つ以上当てはまったら、
リンパの流れが悪くなっている可能性あり。

リンパ呼吸で免疫力をアップさせ病気になりにくい体に!
担当博士
大橋俊夫(おおはし としお)信州大学 医学部 特任教授/リンパ学

乳び槽(にゅうびそう)
体の中で最も多くのリンパ液が溜まる部分。
内臓の奥、背中に近い場所にある。

乳び槽に溜まったリンパを上手に流す方法
・リンパ呼吸(腹式呼吸)
 →お腹を膨らませる事で、体内に圧力が伝わり、乳び槽が押される。
  これによりリンパ液が上半身へ流れる。
  リンパ液が少なくなった乳び槽には、再び下半身からリンパ液が流れ込む。

リンパ呼吸で病気になりにくい体に!
1、床やベッドの上に横になり、おへそのあたりに両手を置く。
2、ゆっくりと腹式呼吸を行う。
  鼻から7~8秒かけて息を吸い込み、お腹を大きく膨らませる。
3、10秒以上かけ、口からゆっくりと息をはく。
  ■ポイント
  手でお腹を押しながら息を吐き出す。
  手で押す事で、圧力をお腹の奥にある乳び槽まで伝え、さらにリンパ液を流すことにつながる。
4、毎日10分程度続けると、免疫力アップにつながる。

※持病のある方は医師と相談の上で行って下さい。

ビーナスリターンを改善して見た目を美しく体の中も健康に!
担当医師
岩井武尚(いわい たけひさ)つくば血管センター センター長/血管外科

ビーナスリターン
体の隅々まで流れた血液が、老廃物などと一緒に静脈を通って心臓へ戻る。
この時の全身から心臓へ戻る血液の流れをビーナスリターンという。
その中でも特に、足先から心臓へ戻るビーナスリターンが重要。
ビーナスリターンに問題があると、むくみやたるみ、冷えや肩こりなどの不調を起こす可能性がある。

ビーナス運動
ビーナスリターンを簡単に改善するための運動法
1、椅子に座り、かかとを床につける
2、かかとが浮かないよう、つま先を10回上げ下げする
3、つま先を床につけたまま、かかとを10回上げ下げする

【目安】
日常生活の中で、
そろそろ1時間座ったままだな
と気付いた時に1セット行うと良い。

※持病のある方は医師と相談の上で行って下さい。

MC 草野仁、東野幸治
アシスタント 森本智子(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト 虻川美穂子、井森美幸、東尾理子(五十音順)
医師 <番組主治医>
秋津壽男(あきつ としお)    秋津医院 院長/循環器内科
上山博康(かみやま ひろやす)  札幌禎心会病院 脳疾患研究所 所長/脳神経外科
丁宗鐵 (てい むねてつ)    日本薬科大学 学長/漢方
中山久德(なかやま ひさのり)  そしがや大蔵クリニック 院長/内科・リウマチ科
南雲吉則(なぐも よしのり)   ナグモクリニック 総院長/乳腺外科・形成外科
姫野友美(ひめの ともみ)    ひめのともみクリニック 院長/心療内科
<ゲスト博士>
大橋俊夫(おおはし としお)   信州大学医学部 特任教授/リンパ学
<ゲスト講師>
佐藤佳代子(さとう かよこ)   後藤学園附属 リンパ浮腫研究所 所長
                 /医療リンパドレナージ・リンパ浮腫治療
<VTR出演医師>
岩井武尚(いわい たけひさ)   つくば血管センター センター長/血管外科
PAGETOP