過去の放送

過去の放送一覧へ戻る

2017年5月29日放送 体を柔らかくして健康になるスペシャル

今、柔軟がブーム!
今回は体を柔らかくして健康になるストレッチ法を続々紹介。

中山流 足ブラブラストレッチ
担当医師
中山久德(なかやま ひさのり)そしがや大蔵クリニック 院長/内科・リウマチ科

マイオカインとは?
マイオカインとは、筋肉を動かした時に筋肉から出る物質。
糖尿病などの予防や脂肪を燃焼させる働きなどがあるとされている。

中山医師流 簡単ストレッチ!「足ブラブラストレッチ」
1、ヒザを曲げないように片足を前後にゆっくりと振る。
2、ヒザとつま先が同じ方向を向くように、片足を左右にゆっくりと振る。
3、姿勢を保ったまま片足につき10回程度行う
※転倒防止のためイスなどにつかまって行って下さい
 決して無理せずにできる範囲で、痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい

腰痛を予防・改善する「ヒザ裏伸ばし」
担当医師
川村明(かわむら あきら)かわむらクリニック 院長/内科・外科・漢方内科

腰痛予防・改善のポイントは「ヒザ裏」
川村医師は様々な不調の改善のため、足の裏側にある筋肉に注目していた。
その中で、多くの腰痛患者の「ヒザの裏側部分」が硬い事に気付いたという。
ヒザ裏の硬さチェック
足を伸ばして座った時の床からヒザ裏までの高さを測る
・2㎝以下→柔らかい
・2~5㎝→やや硬い
・5㎝以上→硬い

川村医師流 ヒザ裏伸ばし①「壁ドンストレッチ」
1、壁に向かい足を前後に開く。後ろの足のカカトをしっかり床につけ、ヒザ裏をしっかり伸ばす
2、前の足を曲げて両手を壁につける
3、ヒザ裏を伸ばしながら、5回ほど壁を押す
4、ヒザ裏を伸ばした体勢で約5秒キープ
川村医師流 ヒザ裏伸ばし②「アオサギストレッチ」」
タオルを1枚用意
1、両足を前に伸ばして床に座り、片足を立てる
2、逆の足を引き寄せる
3、タオルを引き寄せた足の裏にかけて伸ばす ※つま先が上に向くようにカカトを突き出す
4、背筋を伸ばして約5秒キープ
※ヒザがあまり伸びない人はタオルを片手に持ちかえて、足をやや開くと伸びやすくなる
※決して無理せずにできる範囲で、痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい

姿勢が良くなって若返る体幹ストレッチ
担当博士
広瀬統一(ひろせ のりかず)早稲田大学スポーツ科学学術院 教授/スポーツ科学

体幹
体幹とは、体の胴体部分のこと。
体幹をしなやかに柔らかくすると、姿勢も良くなり、見た目が若々しくなる。
さらに、バランスが取りやすくなり転倒防止にもなる。

広瀬博士流 体幹ストレッチ①
1、手のひらとヒザを床につけて肩幅に開く
2、へそを見るように背中を丸めて伸ばす
3、顔を上げながらおなかを伸ばす。
  1日5回程度からでもOK

広瀬博士流 体幹ストレッチ②(上級編)
1、片ひざ立ちになり、両手を組んで上げる。
2、前にゆっくりと体重をかけていく。※前の足のカカトは浮かないように
3、続いて前の足を伸ばして体重を後ろにかける。※太ももの裏が伸びるように意識する
  それぞれ5回ずつ合計10回程度でOK
※決して無理せずにできる範囲で、痛みや持病のある方は医師に相談の上で行って下さい

MC 草野仁、東野幸治
アシスタント 森本智子(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト 柴田理恵、田山涼成、矢沢心(五十音順)
医師 《番組主治医》
秋津壽男(あきつ としお)    秋津医院 院長/循環器内科
上山博康(かみやま ひろやす)  札幌禎心会病院 脳疾患研究所 所長/脳神経外科
丁宗鐵(てい むねてつ)     日本薬科大学 学長/漢方
中山久德(なかやま ひさのり)  そしがや大蔵クリニック 院長/内科・リウマチ科
姫野友美(ひめの ともみ)    ひめのともみクリニック 院長/心療内科

《ゲスト医師》
川村明(かわむら あきら)    かわむらクリニック 院長/内科・外科・漢方内科

《ゲスト博士》
広瀬統一(ひろせ のりかず)   早稲田大学スポーツ科学学術院 教授/スポーツ科学
PAGETOP