イントロダクション

スモーキング

“スモーキング”
それは正義の味方か、悪魔の手先か。
テレビ東京×Netflixのタッグが贈る
“仁義なき”フィルムノワール

2017年4月からOA中の木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」。米大手動画配信サービスNetflixと強力タッグを組み、「100万円の女たち」をはじめ革新的な連続ドラマを発信してきました。

第5弾となる4月期の放送作品は「スモーキング」。 原作は、2013年ヤングマガジン第1号からシリーズ連載となった「D.B.S ダーティー・ビジネス・ シークレット」でデビューした岩城宏士の「スモーキング」。暗殺した人間の刺青をあざやかな手さばきで剥ぎ、依頼者にホルマリン漬けにして届ける剥師の佐辺。相手を瞬時につぶす怪力の持ち主で元地下格闘家、潰師のゴロ。重火器から廃棄弁当まであらゆるものを調達する物足師の八丁、薬品調合のエキスパート、薬罪師のヒフミンの4人からなる暗殺集団“スモーキング”が、公園でホームレスに身をやつしながら、法や国家権力では裁けない人間の皮をかぶった悪魔、外道を容赦なく葬り去る物語です。

それぞれに心に傷を負った4人のアウトロー。 彼らが“殺し屋一家”という煙のようにはかない 疑似家族を形成し、悪を裁く営みを通じて それぞれのトラウマを克服していく物語。

“剥師”の佐辺ジィ、“潰師”のゴロ、“物足師”の八丁、“薬罪師”のヒフミン。 この4人の暗殺集団“スモーキング”は、公園でホームレスに身をやつしながら、 法や国家権力では裁けない人間の皮をかぶった悪魔、外道を容赦なく始末している。 “スモーキング”の流儀はターゲットにされた者の入れ墨を依頼人の元に届けること。 それぞれに心に傷を負った4人のアウトローが“殺し屋”という煙のようにはかない疑似家族を 形成し、悪を裁く営みを通じてそれぞれのトラウマを克服していく物語である。

主題歌

岩城宏士「スモーキング」(講談社ヤンマガKC刊)

AKLO「Dirty Work」(トイズファクトリー)

<AKLO コメント>
今回のドラマの主題歌を作るにあたって、それぞれの登場人物の性格やスタンスなどを制作チームにヒアリングした上で自分と繋がる部分を探して行きテーマを見つけていきました。
トラックはBACHLOGICが担当してます。
いつも以上に振り切れて書けたかなと思っていますし、とても気に入ってます。 


≪AKLOプロフィール≫
2012年にリリースしたデビュー作“THE PACKAGE”はiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得。その年のiTunes“ベスト・ニュー・アーティスト”への選出や、シングル曲“Red Pill” がMTV VMAJ にノミネートされるなど、各メディアで高い評価を集め、一躍、注目アーティストとなる。2014年、2年振りとなる待望の2nd ALBUM“The Arrival”をリリース。iTunes Best of 2014ではヒッホップ/ ラップ部門で年間最優秀アルバムを受賞。2016年1月には所属レーベルをトイズファクトリーへ移籍。2017年にはドラマ主題歌タイアップ曲となった”Different Man”を収録したAKLOxJAY'ED名義でのコラボ作品『Sorry…come back later』をリリースした。

原作

岩城宏士「スモーキング」(講談社ヤンマガKC刊)

岩城宏士「スモーキング」
(講談社ヤンマガKC刊)

<岩城宏士コメント>
頭の中でキャラが生まれ、ペンが紙の上で暴れ出す。『スモーキング』のメンバーが生まれた3年前、キャラの顔や雰囲気がまた違っていたならば、今回のドラマ化のキャストも変わっていた事でしょう。すべては奇跡の縁です! あの豪華な演者さん達が、強者曲者(つわものくせもの)達をどう演じてくださるのか! 今からワクワクしています!! 

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト