KIRINサッカースペシャル 日本中が泣いた!愛と奇跡の感動物語

2010年3月11日(木)夜10時

番組内容

幾度となく日本中を興奮の渦に巻き込んできた、サッカー日本代表。 華やかな世界に立つ日本代表選手たちだが、彼らの歩んできた道は平坦ではなかった。 怪我、挫折、孤独との戦い、言葉の壁・・・。 いくつもの苦難を乗り越えてきた彼らを支えていたものは何だったのか? そんな感動秘話を選手のインタビューをもとに、実際の映像+再現ドラマで紹介する。 番組MCを努めるのは、熱狂的な司会者・小倉智昭。 また、ご意見番ゲストにラモス瑠偉、その他スポーツ好きゲストたちが番組を盛り上げる。

<中澤佑二>(横浜F・マリノス)  カズ(三浦知良)に憧れて、高校卒業後ブラジルへ留学するが言葉の壁にぶちあたる。帰国後、憧れていたカズが所属するヴェルディ川崎(当時)に練習生として入団するも、そこにはプロの壁が・・・。 いくつもの壁にぶつかってきた中澤だが、それら全てを努力で乗り越えてきた。体格だけの選手が努力の天才へ・・・。中澤の歩んできた道のりに迫る。

<闘莉王(田中マルクス闘莉王)>(名古屋グランパス)  16歳でブラジルから単身日本へサッカー留学。言葉も通じず、食べ物も合わない・・・。そんなときに出会った「うどん」。その一杯の「うどん」が闘莉王をホームシックから救ったのだ。その裏にあるおばあちゃんとのエピソードとは?  ブラジル生まれの彼は、常に大きな声を出し、誰よりも体を張ったプレーを見せる。なぜ異国の地・日本でここまで頑張るのか?彼の原動力に迫る。

<石川直宏>(FC東京)  ユース時代から天才と言われていた石川。アテネオリンピックの代表にも選出され、A代表の期待もかかった2005年9月、右ひざに致命的な大怪我を負ってしまう。諦めかけていた石川が、病室でFC東京の試合中継を見たとき、思いもかけないサポーターからのメッセージが彼の目に入ってきた。サポーターと選手との絆、怪我から復帰したピッチでもう一度見た感動の横断幕・・・。  度重なる怪我を、諦めない心で乗り越えてきた石川を支えるものとは?そして彼の目指す場所とは?

このほか、遠藤保仁(G大阪)、長谷部誠(ドイツ・ヴォルフスブルク)、中村憲剛(川崎)、森本貴幸(イタリア・カターニャ)ら数名の日本代表選手を取り上げる。

2010年3月11日(木)夜10時