バックナンバー

2016年9月9日(金)放送

(3)3,300坪の竹林に???を作る!

千葉県富津の、ある山。

実は東MAXが所有する3300坪の竹林なのだ!

ここを舞台に進行するプロジェクトが…
「そこんトコロベースを作ろう!」

竹を中心とした一大レジャーランドを建設し
ゆくゆくは一般開放を目指す、壮大な計画!

第1弾は、竹のプロを助っ人に呼び
見事なバンブーテラスを完成させた。

今回は大人の秘密基地、そこんトコロベースに露天風呂を作る!

浜谷が今回助っ人として呼んだのは
安瀬晴之さん!

安瀬さんは以前、「巨大ホームセンターの突撃取材」で出会った人物。

施設内の岩風呂などをいくつも手がけており、
いわば、風呂作りのプロフェッショナルだ!

皆で協力して露天風呂がようやく形になってきた。

しかし、ここで1つ問題が!

湯船に湯を張るなら、1t以上の水が必要!

しかし、川から運び続けるのは、さすがに無理!

今後のことも考えると、そこんトコロベースには、水がいる!


そこで!!
そこんトコロベースに井戸を掘ることに!

一般的に井戸を掘る場合、
その周辺に井戸があるかどうかを調べる!

そこで、近くの農家に聞いたところ、
かなりの家が井戸を持っていた!

つまり掘り当てられる確率は、高いという事!

そこで、またしても強力な助っ人を呼んだ!

長い鉄の管を持って現れたのは…
『上総掘り』という伝統的な井戸掘りを伝承する末原さんと西田さん。

『上総掘り』とは、この地で、明治時代に生み出された画期的な井戸掘り工法。

電気のないような場所でも、やぐらを組み、
7Mの鉄管を使って、井戸を掘ることができるのだ!

『上総掘り』で掘れる深さは、1日1M。
人力で500Mまで掘れるという!

とにかく、水が出るまで、ひたすら掘り続ける!

現在の穴の深さ4M!

果たして水は出るのか?

一大レジャー施設を目指す、そこんトコロベース
その挑戦はまだまだ続く

戻る

photo

photo