BACKNUMBER バックナンバー

中村獅童

祖父は昭和の名女形と謳われた三世中村時蔵。叔父は映画俳優・初代萬屋錦之助という役者一家に生まれた中村獅童。
1981年、8歳で初舞台を踏み、二代目中村獅童を名乗る。
しかし、父が幼い頃に歌舞伎をやめていため、歌舞伎役者として後ろ盾がない獅童さんは大きな役がつかず、群衆の中で並んでいるだけの役などを演じる下積みの日々を送る。

活路を見出すため、自ら映画や舞台のオーディションに応募し、最後のチャンスとして挑んだ、漫画「ピンポン」の実写映画のオーディション。
見事、主人公のライバル・ドラゴン役を射止めた。この映画での活躍により、映画やドラマ出演のオファーが殺到。一躍人気役者の仲間入りを果たす。
さらに時を同じくして2001年、群衆をしていた時から目をかけていてくれた中村勘三郎さんが興した平成中村座で1日のみのだが念願の主役を演じる。29歳の時だった。
その後、歌舞伎においても次第に役がつくようなり、2003年についに主役を務めた。

現在も、映画、ドラマ、舞台にひっぱりだこの歌舞伎役者、中村獅童。
今後も彼の活躍から目が離せない。

【写真】中村獅童 中村獅童

番組で紹介した情報

獅童さんが行ったラーメン屋
「煮干しらーめん 玉五郎」

東京都新宿区新宿3-31-5 新宿ペガサス館1階
TEL 03‐6457‐4636

獅童さんが行ったフィットネスクラブ
「フィットネスクラブ一撃」
TEL 0238-22-1311
船越さんと行ったお店
「銀之塔」

【本館】
東京都中央区銀座4-13-6(1F、2F、3F)
TEL 03-3541-6395
【別館】
東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル3F
TEL 03-3543-0075

現在公演中の歌舞伎舞台
「明治座 十一月花形歌舞伎」

【昼の部】
11:00開演
「鳴神」「瞼の母」「供奴」
【夜の部】
16:15開演
「毛抜」「連獅子」「権三と助十」

明治座にて11月25日まで公演中
電話予約:明治座チケットカウンター 03-3666-6666

▲PAGETOP
書籍 ソロモン流