BACKNUMBER バックナンバー

助産師 矢島床子

東京・国分寺市にある【母と子のサロン 矢島助産院】の院長であり、助産師の矢島床子さん。
開業から27年。現在までに取り上げてきた赤ちゃんは4600人以上を数える。

矢島助産院に分娩台は無く、出産は和室に敷いた布団の上で行われる。さらに、産婦が好きな体勢で出産できる“フリースタイル分娩”を取り入れているほか、ご主人だけでなく、小さな子供でも出産に立ち合うことができ、家族で新たな命を迎える事ができる。
産前は、健診はもちろん、お母さん・お父さんに向けてのお産の学習会など様々なクラスが用意され、産後も母乳外来や、育児に悩むお母さんたちが自由に行くことができるサロンなどもあり、母子への徹底したケアを受けられることから、「また、矢島助産院で産みたい」と2度3度とやってくるお母さんも多い。
多くの命に向き合い、女性を支え続けてきた矢島さん。
国分寺市にお産に必要な施設を充実させ、地域全体でお産をサポートするという壮大な夢の実現に向けて、これからも走り続ける。

【写真】矢島床子矢島床子

番組で紹介した情報

矢島床子さんの助産院母と子のサロン 矢島助産院

住所:東京都国分寺市東元町1-40-7
TEL:042-322-5531 (10:00〜16:00)

矢島床子さんの著書フィーリング・バース
~心と体で感じるお産~

自然食通信社より出版

▲PAGETOP
書籍 ソロモン流