BACKNUMBER バックナンバー

オーベルジュSP

今回は、大人の旅の楽しみ方として人気を集める、レストランと宿が一体となった【オーベルジュ】スペシャル。数あるオーベルジュの中から、いま話題の2軒をご紹介。

里山のオーベルジュ薪の音 館主

山本誠一 富山県南砺(なんと)市の田園地帯に佇む、1日3組限定の隠れ宿。
少人数の予約しか受け付けないからこそできる、こだわりのおもてなしが評判を呼び、全国からお客さんがやってくる。
夕食は自家栽培の野菜、北陸の魚介など「地産地消」に徹した、お箸で食べるフランス料理。 ランチのみの営業も行っており、気軽に里山の料理を味わうことができる。
しかし、このオーベルジュ最大の魅力は、館主の山本さんが、田植えからかまどで炊きあげるまで、全て自身で行う自慢のコシヒカリ。ご飯を食べてもらいたいがために宿を作っただけあり、山本さんが手塩にかけて育てたコシヒカリはまさに絶品!

【写真】里山のオーベルジュ 薪の音 館主:山本誠一里山のオーベルジュ
薪の音 館主:山本誠一
オーベルジュ フェリス オーナーシェフ

谷田部茂也 東京・恵比寿でスペイン料理を営んでいたシェフが、2006年、静岡県修善寺に【オーベルジュ フェリス】をオープン。ディナーは見るも鮮やかな創作スペイン料理のフルコース。その数13皿60品目。最高の夜景を見ながら食事ができ、おいしさも倍増!
ゆっくり寝て、朝寝坊をしてもらいたいという想いから、チェックアウトは午後1時。朝食ではなくブランチという形式で、食事をいただくことができる。ブランチでは、恵比寿でお店をやっていた時から味を変えていない、名物・絶品パエリアが登場。
自分の料理でたくさんの人に伊豆の食材の素晴らしさを伝えたい、と話す谷田部さん。
これからも地元の食材を活かした、スペイン料理を作り続ける。

【写真】オーベルジュ フェリス オーナーシェフ:谷田部茂也オーベルジュ フェリス
オーナーシェフ:谷田部茂也

番組で紹介した情報

里山のオーベルジュ 薪の音

住所:富山県南砺市野口140
TEL:0763-62-3255

オーベルジュ フェリス

住所:静岡県伊豆市修善寺4280-47
TEL:0558-73-2377

▲PAGETOP
書籍 ソロモン流