“未来の世界王者”ד元日本王者”

日本フェザー級タイトルマッチ(57.1kg) WBA世界フェザー級14位 細野 悟(18戦17勝13KO1敗/大橋ジム)vs 元日本フェザー級王者(現7位) 梅津宏治(29戦16勝7KO10敗3分/ワタナベジム)

細野 10R 判定勝ち

ズーカ”の異名を持つ世界ランカー、細野悟(大橋ジム)が、日本王座に挑む。
細野は今年1月、内山高志(既に2度防衛のWBA世界S.フェザー級王者、ワタナベジム)とともに世界王座に挑んだが、0-2(一人は引き分け)の判定で敗れ、タイトル奪取に失敗した。あれから10カ月で、世界戦3連続KO勝利を果たした内山との差は大きく開いたが、潜在能力では細野も内山に劣らないと言われるだけに、この一戦で世界再挑戦への足がかりを掴むか、注目される。
対する梅津は、第53代の日本フェザー級チャンピオン。負けは多いが粘りと“大物食い”が身上で、打倒細野に腕を撫している。
当日は、翁長吾央、岡田誠一(ともに大橋ジム)の日本ランカーも登場、その試合ぶりも、ダイジェストで放送予定である。

スペシャルゲスト決定!WBA世界S.バンタム級チャンピオン 李 冽理!!

ボクシングトップへスポーツトップへ