史上最強パンチャー・内山が“スーパー王者”に昇格!本邦初の“スーパー王座を懸けた戦い”は、危険な無敗対決!

WBA世界S.フェザー級タイトルマッチ 内山高志(ワタナベ)vsジョムトーン・チューワッタナ
WBA世界L.フライ級タイトルマッチ田口良一(ワタナベ)×クワンタイ・シスモーゼン

2015年5月6日(水・休) 夜8時59分から放送決定!

内山高志が日本人初“スーパー王者”に昇格!
大晦日に豪快なファイトで9回目の防衛に成功したWBA世界S.フェザー級“スーパー王者”内山高志。このスーパー王者とは、王者の中でも際立った実績を残した名王者のみにWBAが与える勲章で、世界的スーパースター、フロイド・メイウェザー(5階級制覇王者、スポーツ選手長者番付世界NO.1)や、ゲンナジー・ゴロフキン(最強王者の呼び声高い、13連続KO防衛の男)等がその地位に就いている。そんな彼らと肩を並べた内山が、保持するWBA世界S.フェザー級「スーパー王座」をかけ、5月6日、リングに上がる。

WBA世界S.フェザー級タイトルマッチ
内山高志 × ジョムトーン・チューワッタナ

  • 内山高志

    チャンピオン
    (23戦22勝18KO1分/ワタナベジム)

  • ジョムトーン・チューワッタナ

    挑戦者・東洋太平洋王者
    (9戦全勝4KO/タイ)

内山高志、記念すべきV10の相手は“超・強豪”
具志堅用高氏の持つ13回防衛の日本記録に一歩ずつ近づく内山だが、V10戦は思わぬ強豪が相手となった。 挑戦者のジョムトーンは、デビュー以来負けなしの9連勝、日本人相手は3戦全勝、去る1月には内山に挑戦して好ファイトを演じた金子大樹に完勝するなど、関係者の誰もが認める強豪である。 さらに驚くべきことに、ジョムトーンはムエタイの歴史的世界王者だという。その戦績はおよそ200勝、ムエタイ6冠王者という、まさに「戦うために生まれてきた男」である。そんな男に内山が如何なる戦いを見せるのか? 相手が強ければ強いほど輝く男、“ノックアウトダイナマイト”内山高志のV10戦は、必見だ。

WBA世界L.フライ級タイトルマッチ
田口良一 × クワンタイ・シスモーゼン

  • 田口良一

    チャンピオン
    (24戦21勝8KO2敗1分/ワタナベジム)

  • クワンタイ・シスモーゼン

    挑戦者・元世界王者
    (53戦49勝26KO3敗1分/タイ)

田口良一、初防衛戦で再び“ツヨカワイイ旋風”!?
大晦日に輝いたのは、内山だけではない。ベテラン王者のロセル(ペルー)から2度のダウンを奪う完勝で世界王座を手にしたのが、田口良一だ。可愛らしい風貌とは裏腹の強気なボクシングは、人呼んで“強カワイイ”。強いだけでない、話題性だけでもない、その双方を兼ね備えた“強カワイイ王者”田口。今後大いなる人気を博す。 そんな田口の初防衛戦は、元世界王者で2階級制覇を狙うクワンタイだ。ベテランならではの試合巧者ぶりを見せるクワンタイは、田口の倍以上となる49勝の白星を積み重ね、ひたすらに2階級制覇のチャンスを狙っている。“歴戦の強者”クワンタイを、田口はKOで片づけることが出来るのか?田口の2015年初戦も、注目だ。

WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ
池原シーサー久美子 × 江畑佳代子

  • 池原シーサー久美子

    チャンピオン
    (9戦6勝3KO1敗2分/フュチュールジム)

  • 江畑佳代子

    挑戦者
    (13戦8勝4KO5敗/ワタナベジム)

女子の世界戦映像を無料公開!
日本ではまだ馴染みの薄い女子ボクシングだが、本場・メキシコでは男子に劣らぬ人気を誇る。そんな女子の世界戦をHPで公開。未来の人気競技に発展する可能性も秘める女子ボクシングの世界戦を、是非一度、目撃してください。