日曜ビッグバラエティ

毎週日曜日夜8時から放送

バックナンバー

バックナンバー

2009年7月26日放送
「どうせ行くならこんな宿
この夏勝負!旅館大奮闘記」
長引く不況による影響を吹き飛ばそうと、この夏に勝負をかけて奮闘する5つの旅館をご紹介。せっかくの夏休み、どうせなら“頑張っている”旅館に行ってみませんか!?


お問い合わせリストはこちら

番組内容 今年の夏に勝負をかける旅館に密着!長引く不況の影響でお客が減った旅館は、なんとか客足を取り戻そうと奮闘中・・・新しいサービスやリニューアル、プラン改良など、様々な手法を凝らしてこの夏に勝負をかけています。倹約して貯めた夏休みの行楽費を使うなら、勝負をかけて奮闘する旅館に行ってみませんか!?栃木や静岡、千葉など、選りすぐりの5つの宿をご紹介します。

塩原温泉「冨士屋旅館」 (栃木県)なかなか予約がうまらないことに頭を悩ませていた、「冨士屋旅館」。そんな旅館に、東京の料亭で修行を積んできた20代の息子が帰ってきました。そこで一家は心機一転、リニューアルを決意。かけたお金はなんと約4500万円!!以前は7部屋の和室のみだった旅館が、露天風呂付の6部屋の客室に変身、宴会場兼カラオケの広間は個室の食事処にリニューアルしました。
新たな従業員も雇い、新生「冨士屋旅館」として4月下旬に再出発。しかし、出足は好調だったものの、6月に入るとまた空き室が目立つ状態に・・・。
旅館経営の難しさに頭を悩ませる若主人の奮闘に密着します。

戸田温泉「ときわや」 (静岡県)戸田温泉の老舗旅館「ときわや」。こちらの若女将は子育ての真っ最中、突然若女将という重役を任されました。しかしこの旅館には、宿のすべてを取り仕切る大女将の存在が・・・。大女将に“女将の心得”や老舗のしきたり、作法を教わる若女将は、自らの主婦感覚を生かしたファミリー向けサービスやプランも実現させてゆきたいとやきもきする日々を送ります。
そんな若女将にこの夏はチャンスが!毎年恒例の「海の家」について、なんと、営業から企画まですべて、大女将から任せてもらえることに!大女将に認めてもらえるチャンス、と意気込む若女将。果たしてそのチャンスをものに出来るのでしょうか!?
この夏にかける若女将の奮闘記をお届けします。

板室温泉「勝風館」 (栃木県)湯治場として古くから栄えてきた板室温泉も、長引く不況のあおりで最近は閑古鳥の鳴く状態に。その板室温泉の若主人たちが集まって結成しているのが「温和会」。「勝風館」の若主人はその温和会の会長をしている。とはいっても最近はそちらの事ばかりに気をかけて宿の事は両親と妻にまかせっきり。なんと父親とはきちんと話したのは15年前!?というほどすれ違っていた。しかし、温泉街を盛り上げる企画を練るなかで他のメンバーとの間に軋轢が・・・。
まさかの挫折を味わうことになった若主人を叱咤激励したのは今まで黙っていた母親だった。深く反省した若主人は父親と向き合う決意して15年ぶりに話すことに。疎遠だった父との会話。和解した2人は夏は、親子で勝負企画に挑むことに!
親子で勝負企画を仕掛ける「勝風館」の奮闘記です。

飯岡温泉「グロリア九十九里浜」 (千葉県)
リポーター:竹田君
人気観光地・九十九里浜にある「グロリア九十九里浜」は、夫婦が経営する少し珍しい温泉宿。夫は元大手証券会社を経てコンサルティング会社経営者、妻は外資系会社に勤務経験のあるエリート主婦、と、どちらも輝かしい経歴を持っていますが、慣れない旅館経営には四苦八苦。どうすればよいのか分からなくなった妻はなんと、“自分が広告塔になれば・・・”と歌手デビューをしてしまいました。結果、客室はガラガラ、明日にもつぶれそうな状態に・・・。
そんな勘違い宿の一大リニューアルに向け、数々の旅館やインテリアなどのリニューアルに携わってきた建築デザイナーがやってきました。今まで気づくことのなかった問題点も浮き彫りになった「グロリア九十九里浜」。
建築デザイナーの手を借り、今夏、旅館の立て直しをはかる経営者夫婦の奮闘の日々に密着します。

民宿「あずさ号」 (長野県上田市)長野県上田市にある民宿「あずさ号」は、JRの特急あずさ号の払い下げ車両に泊まることのできるちょっと変わった宿。
16年前に会社をリストラになったご主人が45万円で買い取った本物の車両は、警笛もなり、運転席での疑似操縦も出来るもの。1日1組限定のこちらの施設、鉄道マニアや子供たちにはさぞ人気かと思いきや、なんとこの夏の宿泊スケジュールは真っ白。せっかく他にはない面白い施設なのに、これでは宝の持ち腐れ・・・。
というわけで、ご主人がこの夏、集客作戦へと一念発起。夕食の釜飯の味付け向上のため東京浅草の老舗店への体験修行や、子どもだけでなく親御さんも楽しめるオリジナルミニツアーの企画など、民宿を盛り上げるために頑張るその奮闘ぶりに密着します。