日曜ビッグバラエティ

毎週日曜日夜8時から放送

バックナンバー

バックナンバー

2010年5月2日放送
「全国!これが噂の大御殿」
見てびっくり!入って仰天!息づく伝統の美、贅を尽くした豪華なしつらえ。
誰もが驚く邸内のすごさ。夢を叶えた人々が我が家に託した思いと
こだわりをとくとご覧あれ

■番組内容見てびっくり!入って仰天!息づく伝統の美、贅を尽くした豪華なしつらえ。誰もが驚く邸内のすごさ。
夢を叶えた人々が我が家に託した思いとこだわり。
“全国から集めた銘石500トン。究極の銘石御殿にはものすごいお墓があった。”
“巨大な迎賓館のような大御殿。そこに秘められた家族の愛情物語”
“築200年の旧家。その奥にはお宝が!?”
日頃、なかなか窺い知ることのできない御殿の暮らしに密着。
①石川県加賀市
『築200年 見学可能な老舗造り酒屋大御殿』
リポーター:桂 菊丸『登録有形文化財』の看板が貼ってあるもの凄い広さの邸宅。当主の橋本佳幸(46)・豊子(46)御夫妻と訪問の挨拶。
築200年の歴史を聞く。現在も続く造り酒屋で、橋本佳幸さんで10代目になるという。早速、邸内を奥様の案内で見て回る。
佳幸さんの母親の直子(79)さんのお話を聞く。昭和25年に19歳で嫁いで来て60年弱、この家を守ってきた。
部屋数は20以上あるというが一度も入ったことがないと言う部屋もあるそう。
『橋本酒造』では、2000年から「見学したい」という多くの希望に沿うように、見学希望者には1階の一部を公開にしている。
実際に生活している部分は非公開。座敷・茶室・庭・離れなど素晴らしい加賀文化の残る邸内だ。
②東京都杉並区
『ヘアサロングル-プ社長の10億円大御殿』
リポーター:三笑亭 夢之助 杉並区の神田川沿いに突然出現した洋風プ-ル付き大豪邸。持ち主は、ヘアサロン業界の風雲児・國分利治(51)さん。
1階のガレ-ジには真っ赤なフェラ-リ2台、クラシックバイク6台等が並ぶ。2階には客間と桜並木を見下ろせる畳敷きの広い浴室。
國分さんの書斎、3階がプライベ-ト空間。夫婦の寝室に3人の子供部屋。70坪のダイニングキッチン。
広いベランダにはジャグジ-バス。家庭菜園用の屋上。『地道力』で年収4億円と言う國分さんの生き方を追う。
③山梨県山梨市
『頑固親爺が人生をかけて造った巨石大御殿』
リポーター:中村 有志 果物畑が広がる山梨市の外れに、巨石を積んだ御殿がある。もの凄い量の巨石と頑丈な大門に圧倒される。
庭から眺めると二重三重に聳える御殿の天守には『金の鯱』が金色に輝く。案内を請うと「どうぞ」と言う声が聞こえるが、
主人は顔を出さない。「今日は」「どうぞ」と声だけがする。あたりを見回しながら巨石と巨木の玄関を開ける。目に飛び込んできたのは、
巨大な北極熊と虎や巨大な鹿の剥製群。正面に見える庭には滝が流れている。声の主、ご主人の萩原今朝雄(82)さん。
60歳の時に脳梗塞で倒れ、左半身が不自由だか、常駐の家政婦さんやヘルパ-さん達に助けを借りて御殿に一人暮らし。
この御殿は20年前に建て初めて、3年懸かり出来上がった。凄い御宝が無数にある。奥様が亡くなられてからは子供達も
あまり近寄らない。孤独な老人の意外な一面とは。萩原家の家業、温泉などを掘るボーリング会社を経営する長男の利男(56)さんが
父親の怖さを話す。頑固親父と長男との葛藤の歴史だが、長男は「親父は強いよ、何時までも強い親父でいて貰いたい」と話す。
この家は僕が守りますと言う強い息子がいた。
④長野県長野市
『我こそは武田門四郎一族だ?名誉医学博士のお城御殿』
リポーター:竹田君 長野市の古戦場、川中島の近くに建つ城郭風の美しいお城御殿。家の前の石碑には武田門四郎改め、清水家と書かれている。
建ったばかりの年表が書かれている。荘重な門を押して入ると、武士が隠れていそうな雰囲気の前庭。
家の中に入ると、意外にも中は和洋折衷御殿。迎えてくれたのは清水健(77)・節子(77)御夫妻。2人とも医者。
玄関は高い天井だが床暖房で熱いほど。広い玄関の先にはダイニングキッチンと大型テレビ。左手奥には和室が3間続く。
武家の出身らしく甲冑に弓矢などが並ぶ。仏壇にある小さな位牌の中に『武田門四郎の文字』が見える。
これこそ清水家が武田門四郎の末裔だという証拠の品だと言う。真偽の程は? 2Fは夫妻の寝室・納戸などがあり妙な隠し部屋もある。
3Fは囲炉裏のある天守閣。信州の山々が美しい雪に覆われている見事な景色。
この囲炉裏で大勢のお客様と干物などを焼いて食べるのが無常の幸せとご主人は話す。
⑤神奈川県横須賀市
『海辺の秘密基地大御殿』
リポーター:ミスタ-ちん 湘南の佐島マリ-ナ側の高台にお洒落な大豪邸がある。インタ-フォンを押すと現れたご主人・小森隆(64)さん。
先ずは見てくれと言う小森さんのコレクション。全部で22台あるというクラシックカ-。
58年式ベントレ-コンチネンタル2ドアで1台8000万円!他も凄い車ばかり。
玄関を入るとレトロな雰囲気の大豪邸である事が分かって来る。バーカウンタ-の左手が巨大空間のリビングル-ム。
反対側にもバ-カウンタ-があり、右手の窓の向こうには湘南の海が広がる。隠し部屋のような奇妙な戸の中は囲炉裏の間など
面白い部屋が4部屋もある。2階3階も楽しい部屋が続く。唖然ビックリの連続。趣味の部屋が一杯ある。
3階には海を見ながら入るジャグジ-風呂。空中に浮かぶように作られたツリーハウスへはロープで作られた縄梯子で行く。
趣味が高じた大人の隠れ家大御殿は素晴らしく楽しい。