日曜ビッグバラエティ

毎週日曜日夜8時から放送

バックナンバー

バックナンバー

2011年6月5日放送
夜7時から3時間スペシャル!
「世界のなんともヘンピな所で頑張る日本人!」
世界のとんでもないトコロで働く日本人を紹介する。日本からはるばる遠く離れたとんでもない国で働くには深い訳がきっとあるはず。そんな世界各国で人知れず頑張る日本人を一挙紹介。

【番組内容】 世界のとんでもないトコロで働く日本人を紹介する。日本からはるばる遠く離れたとんでもない国で働くには深い訳がきっとあるはず。辺鄙と不便をモノともせず!明るく力強く生きる人々!そんな世界各国で人知れず頑張る日本人を一挙紹介。何時間も掛け、遠いその地に向かうストロークも見所。
現地の人たちから歓待されているその姿からは、東日本大震災の際に多大な支援が世界各国からあったその理由を推し量ることが出来る。

<ルワンダ>
アフリカ大陸の真ん中にある小さな国、ルワンダ共和国。緑の豊かなこの国は過去30年にわたり戦争が起こっていた。
1994年には大虐殺のために100万人以上の人たちが殺され、埋められた地雷や、戦争の惨禍に巻き込まれ、多くの人たちが障害を負うことに。
そんな紛争地帯からの復興を目指すルワンダで、義足の普及が生きる希望を与えると確信し自ら義肢装具士の修業を積みルワンダと日本を「義足」で結ぶ日本人女性が吉田真美さん。OLを辞め、5年間修業を積みルワンダに彼女が渡ったそのワケとは?

<ミクロネシア>
当時無人島だった島の美しさに魅せられ、14年前単身で移住した吉田宏司さん。
島名を『ジープ島(JEEP Island)』とし、開島。
ダイナマイト漁で壊滅的にサンゴが死んでいたジープ島の周辺を、珊瑚や魚の自然保護区とするように奔走する。
そして再びサンゴ礁豊かな透明度の高いジープ島として復活させた。
自然に配慮しながら、また地元の人々との共存もはかりながら、島を守り続けている。

<ネパール>
元順心女子学園英語教師。ヒマラヤ登山中の怪我の介抱をしてくれたシェルパの出身地パルパ県ドリマラ村に10年以上住み着き、手助けできることは何でもしようと奮闘する垣見一雅さん。村人たちに頼まれると、何でも「OKOK」と言うから「OKバジ(おじさん)」と呼ばれるように。

<パラグアイ>
パラグアイにお城を建てた卵王の前原さん。東京23区位の土地を持っている。

<カナダ>
アラスカとカナダの間を流れるユーコン川の川下りやオーロラ観測など大自然を堪能する旅を提供する若い女性熊谷さん。田中律子が直撃。

<カンボジア>
孤児を預かり奮闘する訳ありバツイチ女性。