平野美宇、世界ランク5位の中国選手にリベンジマッチで完敗【ジャパンOP】

平野美宇 写真:田村翔/アフロスポーツ

 ITTFワールドツアー「ライオンジャパンOP荻村杯」<6月14~18日・東京体育館> 17日、大会4日目、女子シングルス準々決勝。世界卓球シングルスで日本人48年ぶりの銅メダルを獲得している平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)がアジア選手権でストレート勝ちを収めている世界ランク5位の陳夢(中国)と対戦。陳夢にとってはアジア選手権のリベンジマッチとなった。平野は気迫で勝る相手に終始圧倒され7-11、8-11、5-11、7-11のストレートで完敗。陳夢にリベンジを許し準々決勝敗退となった。

水谷隼 激闘制す!世界卓球銅メダリストを撃破 ベスト4進出!

【女子シングルス】
<準々決勝>
平野美宇 0-4 陳夢
7-11/8-11/5-11/7-11

1/1

この記事を共有する
関連ワード
最新記事