日本代表

男子選手

女子選手

※世界ランクは2013年5月時点

水谷 隼

大会結果はこちら

水谷 隼

1989.6.9生(23歳) / 静岡県磐田市 / beacon.LAB
左シェーク・ドライブ型 / 世界ランク10位/ 世界卓球9回目

2013 全日本選手権 男子シングルス 準優勝
2012 ジャパンOP 男子シングルス 優勝
2011 世界卓球 男子シングルス ベスト8

ロンドン五輪代表、全日本5連覇を果たした日本のエース。
メダルを期待されたロンドンで惨敗を喫し、出直しを図る中での「ラバー問題」。
全てを納得させるには結果が全て、今まで以上にその戦いぶりに注目が集まる。

丹羽孝希

大会結果はこちら

丹羽孝希

1994.10.10生 (18歳) / 北海道苫小牧市 / 明治大学
左シェーク両ハンド攻撃型 / 世界ランク22位/世界卓球4回目

2013 全日本選手権 男子シングルス&ダブルス 優勝
2012 ロンドン五輪 団体 ベスト8
2012 世界卓球 男子団体 銅メダル

ロンドン五輪代表。今年の全日本で水谷を破り高校生王者(史上3人目)に輝いた。去年、世界ランク1位(当時)の中国・馬龍を破り世界の注目を集めた。さらにドイツ・ブンデスリーガに参戦し、腕を磨くなど心身ともに大きく成長。必殺レシーブ「チキータ」を武器に、パリの舞台で“丹羽旋風”を巻き起こす。

岸川聖也

大会結果はこちら

岸川聖也

1987.5.21生 (25歳)/福岡県北九州市/スヴェンソン
右シェーク攻撃型/世界ランク33位/世界卓球10回目

2012 ロンドン五輪 個人 ベスト8
2011 世界卓球 混合ダブルス 銅メダル
2011 ジャパンOP 男子シングルス 優勝

ロンドン五輪代表。個人戦では男子史上最高となるベスト8に進出。長年ドイツを主戦場として腕を磨いた経験豊富なテクニシャン。09年(ダブルス)、11年(混合ダブルス)に続く3大会連続のメダルが期待される。

高木和卓

大会結果はこちら

高木和卓

1988.9.29生(24歳)/東京都墨田区/東京アート
右シェーク型/世界ランク32位/世界卓球3回目

2013 オーストリアOP 男子シングルス 3位
2012 トップ12優勝
2012 全日本選手権 男子シングルス ベスト8

07年以来6年ぶりの世界卓球。1月のオーストリアOPでロンドン金メダリスト
張継科を破る大金星でシングルス代表切符を掴んだ。かつては同年代の
水谷隼以上の期待を受けた潜在能力の持ち主。過去にもアテネ金の
ユ スンミンを破る等“金メダリストキラー”の爆発に期待がかかる。

張一博

大会結果はこちら

張 一博

1985.7.5生(27歳)/中国・上海/東京アート
左シェーク・ドライブ型/世界ランク41位/世界卓球3回目

2012 世界卓球代表選考会 優勝
2012 チリOP 男子シングルス 準優勝
2011 世界卓球 男子ダブルス ベスト8

代表選考会を制し、2年ぶりとなる世界卓球の舞台に帰ってくる。去年はワールドツアーでコンスタントに成績を残し、世界ランクも自己最高を記録。3歳の娘をもつ代表唯一の“お父さん選手”が、虎視眈々とメダル獲得を狙う。

松平健太

大会結果はこちら

松平健太

1991.4.11生(22歳)/石川県七尾市/早稲田大学
右シェーク・ドライブ型/世界ランク58位/世界卓球5回目

2013 トップ12 優勝
2012 全日本選手権 男子シングルス 3位
2012 ポーランドOP 男子ダブルス 優勝

06年世界ジュニア制覇、その才能は誰もが認め、将来を嘱望された天才。前回大会ではまさかの初戦敗退、ロンドン五輪代表も逃し低迷を続ける現状は本人が一番悔しいはず。今大会、己の腕で結果を残し、再びその名を世界に轟かせる。

松平賢二

大会結果はこちら

松平賢二

1989.4.6生(24歳)/石川県七尾市/協和発酵キリン
右シェーク型/世界ランク70位/世界卓球4回目 (ダブルスのみ)

2012 世界卓球 男子団体 銅メダル
2012 スペインOP 男子ダブルス 優勝
2012 全日本選手権 男子シングルス ベスト4

松平兄弟の兄・賢二は日本代表きっての努力家。前回大会ベスト8の張との男子ダブルス、抜群のコンビネーションを見せる若宮との混合ダブルスで、メダル獲得を狙う。

吉村真晴

大会結果はこちら

吉村真晴

1993.8.3生(19歳)/茨城県那珂郡/愛知工業大学
右シェーク攻撃型/世界ランク94位/世界卓球2回目(ダブルスのみ)

2012 世界卓球 男子団体 銅メダル
2012 全日本選手権 男子シングルス 優勝
2011 アジアジュニア 男子シングルス 優勝

去年の全日本選手権では、水谷を破り史上2人目の高校生王者に輝き、一躍時の人に。その後は国際舞台で苦悩の日々をおくっているものの、その潜在能力の高さは誰もが認めるところ。今大会は石川佳純との混合ダブルスでの出場が濃厚。ともに無限の爆発力を秘めたペアがパリで快進撃を見せる。

福原 愛

大会結果はこちら

福原 愛

1988.11.1生(24歳)/宮城県仙台市/ANA
右シェーク・異質前陣速攻型/世界ランク12位/世界卓球出場11回目

2013 全日本選手権 女子シングルス 優勝
2012 ロンドン五輪 団体 銀メダル
2012 全日本選手権 女子シングルス 優勝

ロンドン五輪銀メダリスト。言わずと知れた日本のエース。
五輪後に右肘を手術。本格復帰となった全日本選手権でシングルス連覇。
新たな境地で迎える今季、世界卓球初出場を果たした思い出の地パリに見参。

石川佳純

大会結果はこちら

石川佳純

1993.2.23生 (20歳)/山口県山口市/全農/
左シェーク・オールラウンド型/世界ランク8位/世界卓球出場7回目

2013 全日本選手権 女子シングルス 準優勝
2012 ロンドン五輪 団体 銀メダル
2012 ロンドン五輪 個人 4位

ロンドン五輪銀メダル獲得、個人戦でも日本史上最高の4位入賞を果たした。
リオまでの4年間、日本の中心になる存在。2月に二十歳を迎え新成人として
初めて迎える世界卓球。“大人の卓球”で個人戦でのメダル獲得を狙う。

平野早矢香

大会結果はこちら

平野早矢香

1985.3.24生 (28歳)/栃木県鹿沼市/ミキハウス/
右シェーク・ドライブ型/世界ランク32位/世界卓球出場12回目

2012 ロンドン五輪 団体 2位
2012 全日本選手権 女子シングルス 3位
2011 世界卓球 女子シングルス ベスト16

ロンドン五輪銀メダリスト。全日本制覇5回と抜群の実績をを誇る28歳。
集大成として迎えたロンドン五輪で団体戦のメダル獲得も、リオでは個人戦の
メダルが欲しいと現役続行を決意。現役最多12回目の世界卓球に挑む。

若宮三紗子

大会結果はこちら

若宮三紗子

1989.6.23生(23歳)/香川県多度津町/日本生命/
左シェーク・前陣速攻型/世界ランク58位/世界卓球出場3回目(ダブルスのみ)

2013 全日本選手権 女子ダブルス 優勝
2012 全日本選手権 女子ダブルス 優勝
2011 全日本選手権 女子ダブルス 優勝

ダブルスのスペシャリスト。全日本4連覇を達成した所属先の先輩・藤井との
国内最強ペアで悲願のメダル獲得を狙う。混合ダブルスでも松平賢二と息のあったコンビネーションで上位進出を狙う。

森薗美咲

大会結果はこちら

森薗美咲

1992.4.16生(21歳)/東京都西東京市/日立化成/
右シェーク・ドライブ型/世界ランク65位/世界卓球出場2回目

2013 オーストリアOP 女子ダブルス 3位
2012 全日本選手権 女子シングルス ベスト8
2011 全日本選手権 女子シングルス ベスト8

選考会を勝ち抜いた日本の元気娘が09年横浜大会以来4年ぶりの世界卓球。次世代エース石川佳純とは同級生、幼少から切磋琢磨をしてきた間柄。
持ち前のガッツ溢れるプレーで快進撃なるか?

藤井寛子

大会結果はこちら

藤井寛子

1982.10.18生(30歳)/奈良県生駒市/日本生命/
右シェーク・ドライブ型/世界ランク50位/世界卓球出場8回目

2013 全日本選手権 女子ダブルス 優勝
2012 全日本選手権 女子ダブルス 優勝
2011 全日本選手権 女子ダブルス 優勝

所属先の後輩、若宮とのダブルスは国内無敵の実績を誇る(全日本4連覇)。
卓球人生の集大成として挑む今大会は不退転の決意で臨む。
2年前、あと1勝で逃したメダルを獲得して有終の美を飾りたい。

松平志穂

大会結果はこちら

松平志穂

1995.6.28生(17歳)/石川県七尾市/四天王寺高校
右シェーク・ドライブ型/世界ランク89位/世界卓球初出場

2013 全日本選手権 ジュニア女子 優勝
2013 オーストリアOP U-21 優勝

松平兄弟の妹。全日本、ジュニアの部を制し、翌週のオーストリアOPでは格上を倒しU-21制覇。世界で戦える力を見せ、混沌とした代表争いに滑り込んだ。

松澤茉里奈

大会結果はこちら

松澤茉里奈

1992.3.24生(21歳)/長野県飯田市/淑徳大学
右シェーク・ドライブ型/世界ランク125位/世界卓球初出場

2013 全日本選手権 女子シングルス 3位
2012 全日本選手権 女子シングルス ベスト16

12年ドルトムント大会選考会で2位に入り期待の若手と注目されるも、右肩の故障等で挫折。苦しい時期を乗り越えた苦労人は復帰戦となった1月の全日本で 石川佳純をあと一歩まで追い込み3位に。初めての大舞台で爆発する。

世界卓球2013 総合結果

試合動画を見る

世界卓球facebook