世界卓球世界卓球

NEWS
日本代表男子 39年ぶりの銀メダル! 日本代表女子 2014年東京大会に続き銀メダル! 

グループリーグ

日本 VS 2/28(日) 2/29(月) 3/1(火) 3/2(水)
女子
グループB
第1戦
チェコ
第2戦
ブラジル
第3戦
北朝鮮
第4戦
タイ
第5戦
ドイツ
夜7:54 OA 夜6:57 OA 夜6:57 OA 夜9:00 OA
男子
グループC
第1戦
ベラルーシ
第2戦
シンガポール
第3戦
ポーランド
第4戦
ウクライナ
第5戦
ポルトガル
深夜1:35 OA 夜11:58 OA 夜11:58 OA 夜11:58 OA

決勝トーナメント

3/3(木) 3/4(金) 3/5(土) 3/6(日)
準々決勝
ドイツ
準決勝
北朝鮮
決勝
中国
夜8:04 OA 夜8:06 OA 午後3:10 OA
準々決勝
準決勝
決勝
中国
☆翌昼12:30 OA 夜8:30 OA 夜7:54 OA

☆・・・テレビ東京のみの放送となります。
※​​試合状況により放送時間は変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。​​放送情報はこちら

ハイライト

HIGHLIGHTS

世界卓球2016の決勝トーナメントの見どころ
「世界卓球2016マレーシア」男女共にメダル確定をかけて準々決勝へー

連日熱戦がくりひろげられている「世界卓球2016マレーシア」
男女共に準々決勝進出が決定した。
決勝トーナメント組み合わせ抽選直後に自身も世界卓球で活躍した元日本代表の下川寛子(旧姓、藤井)さんにお話を伺ったー

打倒

-女子団体グループリーグを振り返ってどう感じたか?

とにかくチームの雰囲気が良く、笑顔が多く、チームとして戦っているな、と感じましたね。 試合に出る選手も出ない選手も、自分の出来る事をしている良いチームだと思います。

最終戦のドイツには敗れましたが、福原選手、石川選手はじめ最後まで1位通過をするんだ、という強い意志が結果に繋がったと感じています。

何より、キャプテンの福原選手がみんなのことを考えてチームを良くまとめている事が大きいですね。


-女子団体最終戦を経て-

たしかに、敗れはしましたが、試合内容よりも、まずは気持ちを切り替える事が大事だと感じています。

特に、福原選手は「自分がチームに貢献するんだ」という気持ちが人一倍強い選手なので、すごく敗戦の責任を感じていると思います。まずは、とにかく、もう一回チャレンジするんだ、と気持ちを作ってほしいです。


-選手の状態に関して-

準々決勝まで支え合って励まし合ってチームとしてまとまっているし、試合内容も悪くない。

最終戦の結果を受けて、まずは、気持ち的な部分を強くもつことが大事です。

伊藤選手の(ドイツ戦・1勝1敗の3番手の出場で勝利)あの状況で、思い切ったプレーを連続する、精神的なタフさには驚きましたし、浜本選手も初めての世界卓球とは思えないくらい、自分の力を信じて、実力を発揮できているアスリートになっていると思います。

いい面はたくさんあるので、切り替えてほしいですね。


-日本女子(世界ランキング2位)は、同1位の中国とは決勝まで対戦しないブロックが抽選なしで決定。3日(木)の準々決勝では、韓国(同5位:D組2位)と同ドイツ(7位の:B組3位)の勝者と対戦する。(同一ブロックは、ほかに、シンガポール・ルーマニア・北朝鮮 )

ドイツの調子がいいですし、韓国とドイツどちらが勝ち上がってくるかは正直わかりません。カットマン擁する韓国の実力も高いですし、ドイツは今日、日本を倒した勢いがある。

ヨーロッパ系のチームは勢いにのっていると強い印象はありますね・・。

ドイツと2日連続でやりたくない、という気持ちをもつ日本の選手もいると思いますが、どちらが相手であれ、今日の悔しさを戦う気持ちに切り替えられるかが勝負だと思います。


-日本男子(世界ランキング3位:C組1位)は、抽選で中国(同1位)と決勝まで対戦しないブロックに入った。準々決勝では香港(同5位:B組2位)とオーストリア(同7位:A組3位)の勝者と対戦する。(同一ブロックは、ほかに、ポーランド・イングランド・フランス )

若い選手の台頭もあり香港もオーストリアも確かに強いです。ただ今の日本男子は試合内容もいいですし、勢いがある。

チームとしての選手間の関係性もすごく良く感じる、いいチームだと思います。

中国と決勝で戦う可能性が一番高いのは、間違いなく日本男子だと思います。


-最後に-

決勝トーナメントですので、どの試合も簡単な試合はないのですが、団体戦のいいところはチームで戦っているところです。

試合に出場する選手が試合で勝つ事は、もちろん大事ですが、サポートにまわる選手のベンチワークもふくめてのチーム力なので、皆で戦っている事を力に変えて、是非、男女ともに決勝で中国に挑む姿を見たいですね。

下川寛子(旧姓、藤井)
166センチの恵まれた体から放たれる強力なバックハンドを武器にトッププレイヤーとして活躍。
「世界卓球」2008・2010年の団体戦で銅メダルを獲得。2011・2013年には、女子ダブルスにてベスト8に進出。また、2010~2013年、若宮三紗子選手とのダブルスでは全日本4連覇を達成。
長年に渡り日本代表のキャプテンを務め、福原愛も“代表の母”と慕う。2014年、惜しまれつつも現役を引退。現在はナショナルチームのコーチとして若手選手の育成や卓球の発展に尽力する。

もっと見る
ツイッター