土 井 利 勝 西 田 敏 行   松 平 忠 輝 山 田 純 大
柳 生 十兵衛 中 村 獅 童   荒 尾 志 摩 石 橋 蓮 司
荒 木 又右衛門 村 上 弘 明   伊 達 政 宗 清 水 綋 治
      蜂須賀 蓬 庵 六 平 直 政
春 日 の 局(お福) 片 平 なぎさ   福 島 正 則 勝 野   洋
お  江  与 かたせ 梨 乃   安 藤 重 信 西 田   健
み    ね 田 中 美 里   天    海 平 野 忠 彦
白    狐 佐 藤 江梨子   河 合 半左衛門 岡 本 富士太
若    狭 真 中   瞳   お    咲 佐 藤 仁 美
和   子(まさこ) 高 橋    愛
(モーニング娘。)
  八    重 遠 野 凪 子
徳 川 家 康 山 崎   努   さ    わ 加 藤 夏 希
徳 川 秀 忠 山 下 真 司   志 田 源左衛門 猪 野   学
柳 生 宗 矩 柄 本   明   津 田 豊 後 大 出   俊
徳 川 家 光 池 内 博 之   安 藤 治右衛門 山 西 道 広
徳 川 忠 長 …  海 東   健   美 そ の 松 見 早枝子
渡 部 数 馬 平 山 広 行   お弥伊 美 栞   了
河 合 又五郎 石 垣 佑 磨   仲 村 瑠璃亜
河 合 甚左衛門 林   隆 三   菖 蒲・桔 梗 …   北陽
(虻 川 美穂子・ 伊 藤 さおり)
桜 井 半兵衛 榎 木 孝 明   寺 西 八太夫 田 中   実
池 田 忠 雄 保 阪 尚 希   沢   庵 神 山   繁
松 平 信 綱 森 岡   豊   柳 生 兵庫助 永 島 敏 行
本 多 正 純 綿 引 勝 彦   山野辺 義 忠 竹 中 直 人
        大久保 彦左衛門 藤 田 まこと
土井 利勝…………西田 敏行
江戸幕府・老中。後に大老に。
徳川家康・秀忠・家光の三代に仕え、江戸幕府の礎を築いた。
実は家康の隠し子で、死の際の家康から「弟・秀忠には将軍を、利勝には幕府を与える。徳川幕藩体制確立のため、天下泰平のため、善悪を超えて政治を行え」と告げられる。家康の遺志を継ぎ、まだ戦乱の余燼が燻り続ける世の中を治めるべく、柳生宗矩を右腕に、その息子・十兵衛に隠密行動をさせる。
家康の六男で、荒武者で知られる松平忠輝を配流処分、政敵、本多正純を「宇都宮釣り天井事件」で失脚、故太閤秀吉の臣下だった外様大名の福島正則を改易処分にと、次々に「鬼の所業」を行う。悩み、苦しみながらも、「全ては幕府のため」とあえて悪者になる。そんな利勝の気持ちを理解し、共に幕府のために戦う春日の
局。 池田家の相続問題、河合又五郎の刃傷事件をきっかけに旗本衆と外様大名の確執が激化し、再び天下騒乱が勃発する時、荒木又右衛門に「鍵屋ノ辻の仇討ち」を決意させる。
▲このページのtopに戻る
柳生 十兵衛…………中村 獅童
幼名七郎。柳生宗矩の嫡男。家光の剣術指南役。
幼少期から、剣の腕が立ち、父・宗矩から脅威と反感を買う。剣術指南役として家光に仕え、主従の関係を超え、深い絆で結ばれる。しかし、「辻斬り事件」をきっかけに、宗矩の密命を受け、天下騒乱を防ぐべく、諸国を旅する。土井利勝の参謀として謀略を尽くす宗矩の汚いやり方に、反発しながら「柳生とは何だ」と悩むが、柳生の里で剣豪・荒木又右衛門と剣を合わせ、自分の進むべき道を見つける。
「鍵屋ノ辻の仇討ち」では、「誰も死なせたくはない」と荒木又右衛門、河合甚左衛門の対決を避けるべく奔走する。


▲このページのtopに戻る
荒木 又右衛門…………村上 弘明
幼名服部丑之助。服部又右衛門。
故郷の荒木村から名を取り、荒木又右衛門となる。 剣の腕は立ち、日雇いの力仕事で生計を立てながら、雨の降る日だけ道場で稽古したので、「雨降り又右衛門」の異名を取る。
大和郡山城主・松平忠明に仕え、妻・みねと幸せな日々を送るが、みねの弟・渡部源太夫が同僚の河合又五郎に殺されたことで、その生活が一変する。義弟の仇討ちと、主君・松平忠明への忠心の間で悩む。
個人間の仇討ちが、「旗本」と「外様大名」の争いに利用され、天下騒乱の火種となると、土井利勝から、「天下を治めるために命をくれ」と請われる。
又五郎の叔父である剣士・河合甚左衛門とは盟友だったが、今後は「敵同士」と、お互いにサムライとしての「義」を立て、鍵屋ノ辻で決闘する。
見事、仇討ちを果たした後、世論の祝福を受け、鳥取・池田家へ再仕官が決まったが、争いの連鎖を絶つべく自害する。

▲このページのtopに戻る
春日の局(お福)…………片平 なぎさ
明智光秀の家臣・斉藤利三の娘。幼名、お福。慶長九年(1604)二代将軍秀忠の子・竹千代(後の三代将軍家光)の乳母として江戸城に入る。後に大奥取締り役として、権勢を誇る。
実の母からの愛情が薄く、病弱な家光を育て、将軍としての資質を磨く。 三代将軍の座をめぐり、家光の弟・忠長を溺愛する母・お江与から、度々嫌がらせを受け、火花を散らす。老中・土井利勝の辛さを理解し、幕府のため、「共に夜叉羅刹となりましょう」と共闘を誓う。
「紫衣事件」では、利勝の命を受け、朝廷懐柔の大役を務める。家光の妹で、後水尾天皇に嫁いだ和子(東福門院)の協力を得て、無事解決し、徳川幕府と朝廷の関係を収めた。その際に天皇から「春日の局」の称号を賜る。

▲このページのtopに戻る
お江与…………かたせ梨乃
浅井長政と織田信長の妹・お市の方の三女。長女の淀君は秀吉の側室。次女、お初は、京極高次に嫁いだ。お江与は、尾張大野城主・佐治一成のもとに嫁ぐが、離婚。続いて秀吉の養子・羽柴秀勝と再婚するが、秀勝は朝鮮出征中に病死。秀吉により、家康の息子・秀忠の正室に。
長男・竹千代(後の家光)を産むが、すぐに乳母に取り上げられ、愛情は次男、国松(後の忠長)へ傾いていく。乳母・春日の局と対立し「次期将軍は、絶対に国松へ」と、秀忠にけしかけるが、大御所・家康の一声で三代目は竹千代に決まる。
しかし、家康亡き後、利勝の政敵・本多正純や天海、外様大名の伊達政宗や蜂須賀蓬庵、福島正則と手を組み、駿河大納言となった忠長を将軍の座につけようと画策する。しかし、後にその行為が明るみになり、忠長自刃の要因となる。

▲このページのtopに戻る
みね…………田中 美里
荒木又右衛門の妻。渡部数馬、源太夫の姉。
親同士が決めた結婚だが、又右衛門の優しく、まっすぐな性格を気に入る。又右衛門との間に子を授かり、平穏で幸せな生活を送る。しかし、弟、源太夫が又五郎に殺されると、夫の又右衛門に仇討ちをしてもらいたいが、愛する夫の命も大切、とその狭間で苦しむ。 「鍵屋ノ辻の決闘」で仇討ちを成就し、鳥取の池田家へ再仕官が決まった又右衛門と再会するために、向かったが、一足違いで又右衛門は自害した。 旅先で出会った十兵衛から、慕われ、命を助けられる。


▲このページのtopに戻る
白 狐…………佐藤 江梨子
柳生忍軍の女忍び。当左の娘。
宗矩の配下にあった忍軍を十兵衛が引き継いだことで、十兵衛と共に、天下騒乱を防ぐべく、諸国を旅する。十兵衛の影となり動くが、謎の多い妖しい女性。
宗矩の命を受け、池田忠雄暗殺を実行し、十兵衛と衝突する。父親に反発しながら、自分の進む「剣」の道を模索する十兵衛を叱咤しながら、十兵衛に恋心を抱く。
家光の日光東照宮参拝の際に、刺殺団の襲撃を受け、死闘の中、十兵衛を守り斬られる。


▲このページのtopに戻る
若狭(結里)…………真中 瞳
河合又五郎の恋人。幼名・結里。
又五郎が同輩の渡部源太夫を殺害し、自害しようとした際に、「生きて」と止め、逃げる手助けをする。又五郎が岡山を脱し、江戸の旗本に匿われると、自らは吉原の女郎・若狭となり、側に寄り添う。





▲このページのtopに戻る
和子(まさこ)…………高橋 愛(モーニング娘。)
家光のおしゃまな妹。幕府の政略結婚により天皇家へ入内し、後に東福門院となる。「紫衣事件」では、春日の局を助け、幕府と朝廷の溝を埋める。
幼い頃から、いたずらっ子で、人の鼻をつまむ癖がある。十兵衛に密かに恋心を抱く。





▲このページのtopに戻る
徳川 家康…………山崎 努
戦国の覇者。関ヶ原の戦いで勝利し、1603年に江戸幕府を開く。
将軍職を息子・秀忠に譲るが、大御所として権勢を誇る。駿府で鷹狩の際に、病に倒れ、幕府の重臣・土井利勝に「実は、隠していたが息子である。幕府のために善悪を超えよ」と秘事を告げ、帝王学を伝授する。





▲このページのtopに戻る
徳川 秀忠…………山下 真司
二代将軍。正室・お江与の方に頭が上がらず、家光よりも忠長を可愛がるようになる。土井利勝を右腕に幕府安泰を図り、敢えて忠長配流処分を断行する。優柔不断な性格でもあるが、不安定な江戸幕府を固めるべく善政を行う。






▲このページのtopに戻る
徳川 家光…………池内 博之
幼名・竹千代。徳川三代将軍。幼い頃より乳母・お福(春日の局)に育てられ、生母・お江与からは憎まれる。両親の愛を渇望しながらも、両親からは疎まれ、複雑な幼少期を過ごす。同じような境遇の七郎(十兵衛)と主従の関係を超えて固い絆で結ばれる。弟・忠長との三代将軍争いを制し、「我は生まれながらの将軍である」と諸大名の前で演説をする。




▲このページのtopに戻る
柳生 宗矩…………柄本 明
徳川家ご指南役。大監察(後の大目付)。土井利勝の命を受け、徳川幕藩体制確立のため政治手腕を振るう。宗矩は、父である柳生新陰流の祖・石舟斎とは異なり政治に活路を見出し、家康・秀忠・家光と将軍に仕え、江戸幕府初代の大監察、1636年には大和柳生1万石となり,異例の出世を遂げる。剣の道を求めて反抗する息子・十兵衛を使い、諸国を旅させ、隠密行動をさせる。




▲このページのtopに戻る
徳川 忠長…………海東 健
家光の弟。幼名・国松。駿河大納言。乳母・お福(春日局)に養育された兄・竹千代とは異なり、生母・お江与の手で育てられた忠長は、その偏愛を一身に受ける。1623年には従三位権中納言に任ぜられ、翌年には駿河・遠江55万石の駿府城主に就任。“家光を廃し、四代将軍に”と諸大名から担がれ、天下騒乱の道具とされる。利勝、秀忠の鬼の決断により、甲斐府中にて蟄居命令が下り、さらには上野高崎への配流される。母・お江与の執拗な忠長将軍擁立計画が明るみとなり、無念の自刃を遂げる。


▲このページのtopに戻る
渡部 数馬…………平山 広行
弟・源太夫を殺された仇討ちの名目人。備前岡山藩主・池田忠雄に仕える。家老の津田豊後の娘・お咲と結婚し、公私ともども順風だったが、1630年、数馬の弟・源太夫が、河合又五郎に斬られる刃傷事件が起こると、義兄・荒木又右衛門の助けを借り、仇討ちに立つ。





▲このページのtopに戻る
河合 又五郎…………石垣 佑磨
河合半左衛門の息子。幼少の一時期、叔父・河合甚左衛門の元で暮らした。剣の腕もたち、人望も厚い。同僚の渡部源太夫を斬るが、その理由は誰にも告げない・・・。
父・半左衛門と幼馴染の恋人・結里の説得により、逃げて生き延びることに。山野辺義忠の計らいで、江戸の旗本たちに匿われ、旗本VS外様大名の争いに巻き込まれる。「鍵屋ノ辻」での決闘では、渡部数馬と6時間に及ぶ戦いを繰り広げる。



▲このページのtopに戻る
河合 甚左衛門…………林 隆三
又五郎の叔父。大和郡山城主・松平忠明の剣術指南。同僚の荒木又右衛門とは、深い親交がありながらも、戦うことに・・・。「鍵屋ノ辻」の決闘では、又右衛門と凄まじい勝負をする。






▲このページのtopに戻る
桜井 半兵衛…………榎木 孝明
又五郎の姉・八重の夫。摂津尼崎・戸田氏銕の剣術指南。槍の達人で“霞の半兵衛”の異名をとる。甚左衛門とともに、又五郎を守り、「鍵屋ノ辻」の決闘では、又右衛門と死闘を繰り広げる。






▲このページのtopに戻る
池田 忠雄…………保阪 尚希
家康の娘・督姫の息子。正室は、蜂須賀蓬庵の孫娘。妹婿が伊達政宗の嫡男。備前岡山藩主の兄・忠継が後継ぎ無く急死したため、淡路六万石の藩主だった忠雄が、替わりに三十一万五千石の藩主となる。これは、土井利勝が家康の遺言を盾に幕閣の反対を押し切った、特例の温情処置であった。しかし、ケンカ好きで侠気な性格の忠雄が、殺傷事件を起こした、安藤重信家臣の河合半左衛門を助けたことから、大波乱を引き起こすことに・・・。



▲このページのtopに戻る
松平 信綱…………森岡 豊
江戸幕府老中。「知恵伊豆」と称された切れ者。家光の小姓として登用され、1623年,
家光の将軍就任によりその補佐を承る。土井利勝の右腕として、不安定な幕府を支える。
▲このページのtopに戻る
本多 正純…………綿引 勝彦
下野宇都宮藩主。土井利勝の政敵。1607年には大御所家康付の年寄となり,駿府政 権の中枢として権威を振るう。お江与の方に加勢をし、忠長を立てて利勝追い
落としを画策する。しかし、秀忠が日光東照宮参拝の際、宿泊予定地の宇都宮城で将軍 暗殺を謀ったとして、利勝・宗矩の陰謀に嵌る。いわゆる「釣り天井事件」で失脚する。




▲このページのtopに戻る
松平 忠輝…………山田 純大
越後高田藩主。徳川家康の六男。伊達政宗の娘・五郎八姫は正室。少年時代から,待遇に不満をもち、その粗暴な振る舞いは幕府に早くから監視されていた。謹慎中の身だった忠輝は、病床の家康の元へ駆けつけるが、天下泰平のための「生贄」として土井利勝に追い返される。後に、伊勢朝熊へ配流処分となる。





▲このページのtopに戻る
荒尾 志摩…………石橋 蓮司
備前岡山藩主・国家老。若くして大禄藩主となった忠雄を心配する。利勝とは懇意で、天下泰平のために思案をめぐらせる。仇討ち成就の後、荒木又右衛門に「武士の本分」を説く。






▲このページのtopに戻る
伊達 政宗…………清水 綋治
幕府から恐れられた戦国最強の大大名。お江与の方の味方になり、忠長を擁立する動きをみせたり、縁戚の池田忠雄を煽り立て、幕政に異議を突きつけたり・・・と幕府転覆の機を狙う。
▲このページのtopに戻る
蜂須賀 蓬庵…………六平 直政
戦国武将・蜂須賀小六の子。阿波・徳島藩藩祖。伊達政宗とともに、幕府転覆の機を狙い、策謀をめぐらす。「阿波踊り」で歌われる名君としても名高い。
▲このページのtopに戻る
福島 正則…………勝野 洋
安芸広島藩主。太閤秀吉臣下。賤ヶ岳七本槍の一人。幕府に対してはその剛直な性格から強硬姿勢を貫いたため、危惧した利勝・宗矩により、1619年、武家諸法度違反(広島城の無断修築)で信州川中島へ配流される。






▲このページのtopに戻る
安藤 重信…………西田 健
上野高崎藩主。家康亡き後、幕府の年寄職に就く。家臣の河合半左衛門が同僚の伊能五郎左衛門を斬り、池田家に匿われたことで、土井利勝の失脚を企てる本多正純派に懐柔されそうになる。又五郎を匿う旗本・安藤治右衛門とは縁戚関係。






▲このページのtopに戻る
天   海…………平野 忠彦
天台宗僧。大僧正。信長の比叡山焼き討ち後、武田信玄に会い、その後、徳川家康のブレーンとして江戸幕府に強い影響力を持った。家康が亡くなると、神号と葬儀のやり方について、同じ僧で側近であった崇伝と議論し合い、天海の主張した『東照大権現』の神号が決まった。秀忠の命により、江戸忍岡に寛永寺を創建する。108歳の高齢と伝わる。
▲このページのtopに戻る
河合 半左衛門…………岡本 富士太
河合又五郎の父。河合甚左衛門の兄。高崎藩士だったが、同僚を斬り、池田忠雄に助けを求めたことで、旗本と外様大名の争いが激化。その後、息子の又五郎が大恩ある池田家の家臣・渡部源太夫を斬り、さらなる騒乱の火種となる。父子人質交換が失敗に終わった後、幕府の命で、蜂須賀蓬庵に引き渡されるが、護送途中、刺殺される。




▲このページのtopに戻る
お   咲…………佐藤 仁美
渡部数馬の妻。池田家の家老・津田豊後の娘。夫、数馬がなかなか仇討ちできないことで、世間から冷たい仕打ちを受け、自害しようとするが、父・豊後に止められる。






▲このページのtopに戻る
八   重…………遠野 凪子
河合又五郎の姉。桜井半兵衛の妻。弟が起こした事件で夫を巻き込んだことを責め、自害する。







▲このページのtopに戻る
さ   わ…………加藤 夏希
渡部家の下女。荒木又右衛門に嫁ぐみねに従い、大和郡山の荒木家へ。そこで河合甚左衛門と出会い、その実直さに触れ、好意を抱いていく。しかし、又右衛門と甚左衛門が敵同士になると、思い悩む。






▲このページのtopに戻る
志田 源左衛門…………猪野  学
岡山藩士。河合又五郎とは仲良しだったが、池田忠雄の命を受け、江戸の旗本に匿われた又五郎を討つため、浪人となる。吉原で又五郎と斬りあうが、逃げられ、自害する。
▲このページのtopに戻る
津田 豊後…………大出  俊
岡山池田藩・家老。お咲の父。優秀な文官の数馬に藩の将来を期待するが、仇討ちを決意した数馬を応援する。
▲このページのtopに戻る
安藤 治右衛門…………山西 道広
荒くれモノの旗本。幕府のやり方に不満をもち、河合又五郎を匿うことに。半左衛門、又五郎、父子人質交換で、外様の池田家を出し抜く策を労する。







▲このページのtopに戻る
美 そ の…………松見 早枝子
池田藩士・志田源左衛門の妻。又五郎に逃げられ、自刃した源左衛門の後を追おうとするが、お咲に止められる。
▲このページのtopに戻る
お 弥 伊…………美栞 了
柳生の庄の台所を取り仕切っている女性。十兵衛とは昔から知っていて、あれこれと世話を焼く。







▲このページのtopに戻る
杏…………仲村 瑠璃亜
柳生の庄の下女。十兵衛と親しいが、恋心はないらしい。








▲このページのtopに戻る
菖蒲・桔梗…………北陽(虻川 美穂子・伊藤 さおり)
大奥の女中。春日の局派につくかお江与派につくか、いつも喧喧諤諤騒いでいる。果たして、二人が選ぶのはどちらなのか・・・!?







▲このページのtopに戻る
寺西 八太夫…………田中 実
池田藩士。河合又五郎とは仲良しで、渡部数馬の結婚式では、二人で踊りを披露する。又五郎と半左衛門の親子人質交換では、池田藩を代表して安藤治右衛門宅に乗り込む。しかし、治右衛門ら旗本の策略にはまり、人質交換は失敗。武士の面目が立たぬと門前で自害する。
▲このページのtopに戻る
沢   庵…………神山 繁
大徳寺153世に就任する高僧。柳生家とは深い交流があり、幼い頃から十兵衛を見守り、影響を与え、十兵衛は剣の悟りを開いたといわれる。 1629年「紫衣事件」では、紫衣勅許を無効とする幕命に反抗して、出羽上山に配流された。赦免後、品川に東海寺を建立。家光が訪ねた時に、沢庵が出した漬物が、後の「たくあん漬け」の語源になったと言われる。
▲このページのtopに戻る
柳生 兵庫助…………永島 敏行
柳生石舟斎の長男厳勝の次男。宗矩の甥で十兵衛とは従兄弟同士。柳生家内では隋一の剣の使い手だったといわれる。尾張徳川家の剣術指南役となり、尾張柳生の祖となる。 今回、又右衛門や甚左衛門、又五郎の「誰も死なせたくない」と奔走する十兵衛は、秘策を持って兵庫助に会いに行く。しかし、尾張・徳川義直に江戸柳生と尾張柳生の対決を命じられる。




▲このページのtopに戻る
山野辺 義忠…………竹中 直人
山形城主最上義光の四男。最上家の改易によって、池田藩預かりの身となっていた。 反骨精神旺盛で、河合又五郎が刃傷沙汰を起こすと、それを匿い、江戸の旗本達に引き渡す。その後、水戸家に家老としてかかえられ、水戸光圀の教育係としても有名。
▲このページのtopに戻る
大久保 彦左衛門…………藤田 まこと
「天下のご意見番」と呼ばれた家康以来からの家臣。しかし、天下泰平になると武士たちがご恩と奉公の精神が失われつつあることに憤り、その精神を子孫に伝えんと「三河物語」を執筆。一心太助との物語は、歌舞伎、講談でも有名。






▲このページのtopに戻る
天下騒乱HOME
テレビ東京テレビ東京