ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」

2016年10月26日

ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
2016年秋、六本木三丁目に本社機能を移転するテレビ東京。1985年以来、30年以上もお世話になった神谷町の街を離れることになります。 神谷町は、東京メトロ日比谷線の「霞ケ関」と「六本木」に挟まれた駅。東京タワーのお膝元という華やかな場所ながらも、どこか控えめなイメージのある(?)オフィス街です。 今回スポットライトをあてるのは、そんな“神谷町”の小さな洋食屋さん。「テレビ東京関連の人間なら必ず1回は行ったことがある」と言われるほど、テレ東スタッフには馴染み深いお店なのです。

狩野アナも食べた、レトロな洋食屋さん

ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
神谷町の駅から徒歩5分ほど。国道1号線沿いに、レンガ造りの小さなお店があります。名前は「キッチン・ダダ」。決して派手ではない外観に反して、ランチ時には行列ができることも珍しくない人気店です。7月17日放送の「モヤモヤさまぁ~ず2」でも、狩野アナウンサーがよく行くお店としてこちらを挙げていました。(その後、衝撃の告白も……) 木の椅子の背に彫られた「Dada」の文字は、1910年代に起こった芸術運動、ダダイスムに由来しているそう。壁に並ぶサーフボードや車のイラストが、レトロなお店の雰囲気と中和して独特の味を生んでいます。これらはすべてお店のご主人・広沢洋司さん(70歳)の趣味で、サーフィンはなんと、現役で楽しまれているのだとか。
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
スポーツが大好きで、昔はなんとレーサーだった(!)という広沢さん。お話に耳を傾けながら、料理が運ばれてくるのを待ちます。 今回、ランチを頂くのは、ひと足先に新本社へのお引っ越しを済ませたテレビ東京・広報部の仲良しスタッフ2名。
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
△久しぶりの神谷町、久しぶりのキッチン・ダダに、すでに「懐かしい……!」と笑みをこぼしている2人

名物メニューは、まるで「大人のお子様ランチ」

ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
お店の人気メニューはハンバーグ。……と言っても、なんとそのハンバーグ、1種類ではありません! 上の写真は「ラザニア風ハンバーグ」(980円)。ホワイトソースとミートソースがたっぷりかかった一品です。
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
こちらは、デミ煮込みハンバーグ(980円)。濃厚なデミグラスソースがクセになる美味しさです。嬉しいのが、ハンバーグセットにはすべてライスとサラダ、豚汁が付いていて、付け合わせはコロッケか唐揚げの2種類から選べること!
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
△ちなみに、イタリアンハンバーグ(980円)で唐揚げを選ぶとこんな感じ。唐揚げは、お肉がしっかりしていてボリューミー
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
広報スタッフHは「ここのコロッケ、甘くてすっごくホクホクしてるんですよね!」とお気に入りの様子。 料理を運んできてくださった奥様、玉恵さんにその秘密を聞いてみると、「ありがとうございます。普通のじゃがいもで作った、普通のコロッケです(笑)」とのこと。
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
オムライス・ハンバーグ(1,150円)は、ふわふわのオムライスにナポリタン、ハンバーグが乗った「これでもか!」な一品。まるで、大人のお子様ランチといった風格です。

【ちなみに】ご主人・広沢さんのこれまでが面白すぎる

ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
美味しく料理を頂いたあと、「レーサーだった」過去がどうしても気になってしまい……広沢さんにお店を開くまでの経緯を伺いました。 「レーサーだったのは50年前くらいかな。船橋のサーキットで走ってたんだけど、20代の時に事故で引退して。サラリーマンもやったけど、飲食がやりたくなってこの業界に飛び込んだ。原宿、六本木、軽井沢まで、いろんなお店で10年以上は修行したよ」(広沢さん) そして、念願のご自身のお店を神谷町で開いたのが25年前だそう。
ありがとう神谷町。全テレ東社員が愛した、洋食屋さん「キッチン・ダダ」
「この日、10月1日にお店を開いたの。神谷町を選んだのはひと言で言うと、なんにもなかったから。まだバブルの前で、これからこういう場所にいろんな企業のオフィスができるだろうなと思って。実際、テレ東さんもできたでしょう(笑)」(広沢さん) 確かに、おっしゃる通りです……! 今は、神谷町のサラリーマンたちにとって欠かせない存在となったキッチン・ダダ。広沢さんは毎朝4時30分には起床して、料理の仕込みをしているそうです。「もう人生でやりたいことは全部やったから、悔いはね、1つもない!(笑)」(広沢さん) 「六本木に移転しても食べに来てね」と広報スタッフを見送ってくださった広沢さん。どうやら私たちもまだまだ、神谷町に通ってしまいそうです。 ハンバーグ、コロッケ、唐揚げ、オムライス……。子どもの頃の夢のようなメニューでお腹いっぱいになりたい! という方は、ぜひ神谷町へ! ■キッチン・ダダ 住所:東京都港区虎ノ門3-7-8 電話番号:03-3431-6577 営業時間:ランチ 10時30分~15時00分 ディナー 17時00分~20時30分 定休日:日曜日 ※本文中の価格はすべて税込です