いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】

2017年3月9日

いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
地域の魅力を伝える商品などを表彰する「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」の地域活性キャラコラボ部門賞を受賞した、栃木県大田原市のイメージキャラクター・与一くん。日々大田原の魅力を広めるために活動する彼に、市内のイチオシスポットを案内してもらうことに!

ほぼ毎週末! イベントに引っ張りだこの与一くん

与一くんの人気が高まってきたのは、「ゆるキャラグランプリ」で4位となった2011年ごろから。与一くんが市外のイベントに呼ばれることによって、その場所で大田原のPRができるというのが、大田原市にとって大きなメリットになったといいます。 「キャラクターがいることによって、市外をはじめ県外にもPRの場ができる。経費はかかりますが、PRを広告換算すればかなり大きい金額になりますので、効果はやはり大きいと思っています。与一くんは、大田原を広くアピールするためのツールという役割を担っていますね」(大田原市 産業振興部 商工観光課・小堀さん) 与一くんは、ほぼ毎週末どこかのイベントに出没しているそう。春と秋のイベントシーズンには、なんと1日に3ヶ所をはしごすることもあるんだとか! 実は30以上のご当地キャラクターが存在する栃木県。その中で注目されるのはなかなか大変そうです。 「少しでも間が空いてしまうと、それだけで結構忘れられてしまったり、ファンの方が離れてしまうことも。市の内外を問わず、毎週末イベントに参加し、出動回数を保つというのはひとつの工夫なのかなと思います」(大田原市 地域おこし協力隊・阿久津さん) そんな大忙しの与一くん、どんなオススメスポットを案内してくれるのでしょうか?

ご当地のおいしいものがいっぱい! 「道の駅 那須与一の郷」

いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
訪れたのは、「全国ご当地キャラクター大集合in大田原」の会場にもなった「道の駅 那須与一の郷」。その名の通り、那須与一にゆかりのある扇をモチーフにした屋根がユニークです。
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
こちらでは、朝採りした野菜などの農産物や加工品、そして物産品など、大田原の特産品を販売しています。
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
野菜だけでなく、栃木名産のいちごなどの果物もおいしそう。
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
与一くんも「とちおとめ」をアピール!
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
もちろん、与一くんグッズのコーナーもありますよ♪
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
実際に大田原市にある、与一くんをデザインしたマンホールをグッズ化したコースターも。
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
与一くんのイラストは、キャラクターグッズだけでなく地元の食品などのパッケージにも見受けられます。簡単な手続きで誰でも与一くんを使用できることが、地域の盛り上げにつながっているんですね。 ■道の駅 那須与一の郷 住所:栃木県大田原市南金丸1584-6 電話番号:0287-23-8641(はろーよいち) 営業時間: 9時00分~18時00分(情報館) 9時00分~17時30分(加工・物産品館) 9時00分~17時00分(農産物直売館) 11時00分~14時30分(レストラン扇亭) ※日・祝は11時00分~15時00分 9時00分~14時30分(惣菜真扇(しんせん)) 定休日:なし アクセス:車/西那須野塩原インターから車で20分

那須与一をより深く知る! 「与一伝承館」

いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
「道の駅 那須与一の郷」には、那須家に代々伝わる資料を展示・公開する「与一伝承館」も併設。那須与一や那須氏に関する古文書や刀剣などの資料のほか、那須与一の活躍をからくり人形風ロボットと三面ワイドスクリーンの映像によって楽しむことができます。
いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【後編】
なんと、「平家物語」に記された那須与一の装備(鎧、弓矢)も! 国の重要文化財に指定されている展示物もあり、歴史ロマンを感じられます。 ■与一伝承館 住所:栃木県大田原市南金丸1584-6(道の駅 那須与一の郷内) 電話番号:0287-20-0220 開館時間:9時00分~17時00分(入館は16時30分まで) 入館料:大人(高校生以上) 300円、中学生以下 無料 休館日:毎月第2及び第4月曜日(祝日の場合はその翌日)、1/1~1/3 アクセス:車/西那須野塩原インターから車で20分

地元の声援とともに、今後は「与一くんファミリー」で大田原をPR

取材の合間にも地元の人たちから声を掛けられ、老若男女を問わず大人気だった与一くん。小さな子どもとふれあう姿からも、いかに愛されているかが実感できました。2017年2月に名前の募集が行われた妻や長女、長男といった「与一くんファミリー」ともども、これからも大田原市をPRしていってくれることでしょう。 みなさんも大田原市で、また各地のイベントで与一くんを見かけたら、ぜひ声をかけてみてくださいね! <取材協力> 大田原市 産業振興部 商工観光課、大田原市 地域おこし協力隊 関連記事: いま、ご当地キャラがアツい! 栃木県大田原市「与一くん」のお仕事に密着【前編】