美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!

2017年3月5日

美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
仕事に忙しい日々から解放されて、日常を忘れてゆっくりできる場所に行きたい……。そんなときには、人気温泉地の湯河原でのんびり過ごすのがおすすめ。温暖で自然あふれるこのエリアは、美肌効果の高い温泉はもちろん、ミシュランの星獲得店や美味しいパン屋など、美食の宝庫だから特に女子にはもってこい! そんな湯河原を日帰りで遊び尽くすおすすめコースを、湯河原などの情報を発信するフリーペーパー「berry’s info.」の編集長・三廻部まゆみさんに教えてもらいました。

息をのむほど美しい“梅のじゅうたん”

JR東海道本線「湯河原」駅を降りたら、まずはタクシーやバスを使って湯河原梅林の「梅の宴」へ。今年で22回目を迎えるこちらは、自然豊かな「幕山」の斜面に咲き誇る約4千本の紅梅・白梅が楽しめるそう。「梅のじゅうたん」とも称される景観美はお見事!
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
「自然がもたらす美しい景色はもちろん、和太鼓や狂言、芸妓の舞や足湯なども楽しめます。会場内の飲食ブースでは梅の風味のソフトクリームや甘酒などもいただくことができますよ」(三廻部さん) ため息が出るほどきれいな梅たち。こうして春の息吹を感じれば、これから始まる旅への期待も高まりますね! ちなみにこの幕山は、源頼朝が旗揚げをする前に湯河原に身を隠し鎌倉幕府を開いたことから、パワースポットとしても人気。愛情・結愛・献身のパワーが宿るといわれているそう。「梅の宴」の終了後でも、楽しめるポイントがあるのもうれしいですね。 ■湯河原梅林「梅の宴」 住所:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋923付近 開催期間:平成29年3月12日(日)まで 9時00分~16時00分 入園料:200円(15歳以上/中学生は除く) アクセス:会期中はJR東海道本線「湯河原」駅から臨時バスを運行

地元の人が足しげく通う、山の中の名パン屋

実は美味しいパン屋が集まる湯河原。梅を見終わって小腹が空いたら、湯河原梅林近くにある「ベッカライ 和っしょい」に立ち寄りましょう。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
女性店主が焼く天然酵母パンには地元のファンも多く、山の上にありながらも、徒歩で買いに行く人もたくさんいるそう。 「甘い具のものが必ず1種類は入る、日替わりの3種のサンドイッチ(450円)がおすすめです。お店の前にある幕山を望む飲食スペースで、川のせせらぎを聞きながらパンを食べるのも一興ですよ!」(三廻部さん)
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
3種類の味が楽しめるサンドイッチ! なんだか得した気分になりますね。 でも、なぜ湯河原には美味しいパン屋が多いのでしょうか? 「はっきりした理由は分かりませんが、水がとても美味しいので、パン作りに適しているのかな? というのが私の予想です。湯河原は気候が温暖で住みやすく、都内にも1時間以内で出られる立地。だから都会から移住される方が多くて別荘も多いんです。湯河原に移り住んできてパン屋さんを開業したという方も多いんですよ」(三廻部さん) 大自然の中で食べるパンの優しい味わいに、思わず笑顔になってしまいそう。売り切れることも多いそうなので、早めにゲットしちゃいましょう! ■ベッカライ 和っしょい 住所:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜2029-167 電話番号:0465-62-1805 営業時間:11時00分~16時00分 ※売り切れ次第終了 定休日:月曜・火曜・金曜 アクセス:JR東海道本線「湯河原」駅から車で約15分

相模湾を望む絶景温泉と、暖炉のあるカフェで寛ぎのひとときを

湯河原に来たなら、外せないのはやっぱり温泉! ということで、三廻部さんおすすめの日帰り温泉施設「ゆとろ嵯峨沢の湯」へ。湯河原梅林「梅の宴」の会期中は、シャトルバスも運行しているので、移動も安心ですね。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
弱アルカリ性の単純温泉は、肌触りもなめらか。開放的な露天風呂もあり、身も心も解きほぐされます。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
「併設のカフェ&レストラン“風のガーデン”にも、ぜひ立ち寄ってほしいです。キッシュプレートランチやスイーツなどを、暖炉にあたりながらのんびり楽しんでください」(三廻部さん) 良質の温泉と寛ぎのランチで、日ごろの疲れもきっと吹き飛ぶはず! ■ゆとろ嵯峨沢の湯 住所:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1191 電話番号:0465-62-2688 営業時間: 平日 9時30分~21時00分(最終受付20時30分)、土・日・祝 9時30分~22時00分(最終受付21時30分) ※カフェ&レストランはランチ 11時30分~14時30分、カフェ 14時30分~17時00分 (L.O. 16時30分) 定休日:祝・祭日を除く毎週木曜日、12月31日・1月1日 ※8月は定休日なし 入館料:大人(中学生以上)1,350円 アクセス:JR東海道本線「湯河原」駅または「真鶴」駅から町営コミュニティバスで「ゆうゆうの里」下車、徒歩約1分

歴史を感じて、和菓子の手作り体験

美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
「和菓子作り体験のできる和菓子屋さんがあるんですよ!」と、三廻部さんもイチオシの和菓子処「味楽庵」。こちらは、1日前の予約で上生菓子作りが体験できるので、特に女性に人気だそう。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
「店頭には、今から100年ほど前に、小田原~熱海間を人が押して走っていたという“人車鉄道”の模型が展示してあります。こうした歴史に触れるのも楽しいですよ」(三廻部さん)
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
当時の図面から再現したという人車鉄道の模型。お菓子作りはもちろん、100年前の光景を想像するのも面白そうです。 ■味楽庵 住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上230 電話番号:0465-62-5577 営業時間:8時30分~18時00分 定休日:なし(1月1日を除く) アクセス:JR東海道本線「湯河原」駅から不動滝・奥湯河原方面行きのバスで「宮上会館」下車すぐ ※手作り和菓子体験の予約はHPまたは電話で(最少催行人員5名)

まだまだある! 湯河原駅近くのおすすめ店

駅付近で気軽に楽しむなら、イタリアン「カフエ エフェメラ」、パン屋「アミカ」をチェック。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
「カフェ エフェメラ」は、駅から徒歩圏内だからお散歩がてら向かうのもOK。白亜の洋館の雰囲気の中、湯河原の街並みを一望しながらランチをぜひ。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
「冬は牡蠣のグラタンやサイコロステーキガーリックライス、季節のパスタが最高です!店主が集めたヨーロッパ調のアンティークの調度品にも心奪われます」(三廻部さん) 一方の「アミカ」は、女性店主がホシノ天然酵母と国内産小麦、四葉バターの厳選食材を使って丁寧にパン作りを行う小さなお店。“世界一のメロンパン”と三廻部さんが太鼓判を押すメロンパンは、外はカリッと中がもっちりふわふわの食感で、開店から数時間で売り切れてしまうこともあるそう。
美味しいパンにほっこり温泉♪ 湯河原をまるごと楽しむ日帰り女子旅!
■カフェ エフェメラ 住所:静岡県熱海市泉109-22 電話番号:0465-62-0004 営業時間:11時30分~14時30分(ラストオーダー)、17時30分~22時00分(ラストオーダー) 定休日:火曜日 アクセス:JR東海道本線「湯河原」駅より徒歩約11分 ■アミカ 住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-1 電話番号:0465-62-0142 営業時間:11時30分~売り切れまで 定休日:月曜・火曜・水曜 アクセス:JR東海道本線「湯河原」駅より徒歩約8分 温泉もグルメも勢ぞろいの湯河原。都心にも近く、日帰りでもお腹も心も満たされるから、満足感はたっぷり。時間に余裕があれば、泊まりがけでのお出かけもおすすめですよ♪ <取材協力> 合同会社 ベリーズファクトリー ※本文中の価格はすべて税込です