テレビチャンピオンホームページ

放送は終了致しました。

番組MC
 
過去の放送はこちら
2008/9/11 ゆるキャラ王選手権
国や地方公共団体などが、イベント、村おこし、名産品の紹介などに
使用するキャラクターである「ゆるキャラ」の王座を決める戦い。
40メートル走、トランポリンジャンプ、フットボール、バトルロイヤル相撲など珍競技が続々登場する。
stage
『ゆるキャラ三種競技』 
出場ゆるキャラ22体は以下の3種競技を行い、競技をクリアした10体と
審査員による救済枠2体、併せて12体がステージ2へ進出する  

第1競技:40m走 
40m走を行う。但し、障害物として巨大扇風機がゴール前に設置される。 

第2競技:トランポリンジャンプ 
トランポリンを使いジャンプし設置された台に飛び乗る。 
クリアしたゆるキャラから、芸術性を評価

第3競技:風船鬼ごっこ 
ゆるキャラに紙風船をつけ、園児達がゆるキャラを追いかけ、紙風船をハリセンで割っていく。
風船を割られたキャラはリタイヤとなる。
stage
『ゆるキャラフットボール』 
6体1チームによる5分間の紅白戦サッカー。
勝敗ではなく個々の活躍(珍プレー好プレー・ゆるキャラらしさ)を選考基準とする。
2チームに分かれた12体の内、8体がチャンピオンステージに進出する
stage
『バトルロイヤル相撲』
キャラ達8体が1つの土俵で一斉に相撲をとる。
土俵から落ちたり、転んでしまった時点で脱落となり、1キャラ脱落する度に仕切り直して競技する。
最後まで残ったキャラ1体がチャンピンとなる。


champion

champ
土田貴弘
(C)TV TOKYO テレビ東京 情報・バラエティページへ戻る