よみがえれ!オンボロ家具! リフォーム家具職人選手権!
放送日:10月24日
スタジオゲスト:吉本多香美
第一ラウンド
 「お宅訪問不要家具リフォーム勝負」
 第1ラウンドでは、番組に応募のあったお宅を訪問。格好悪い、壊れている…といった古い家具をリフォ−ムして、デザインの優れた実用家具にしてもらう。
 選手は抽選により、2組に分かれ、1対1で競技する。制限時間は8時間。1組目は、和タンス・食器棚 などの“生活家具対決”、2組目は、学習机やピアノなどの“学習家具対決”とする。
 審査員は、家具の専門家と一般審査員。審査員のポイントをより多く獲得した選手2名が決勝ラウンドへ進出、残る2名で敗者復活戦を行なう。
 両対決とも、まずはお宅訪問から…。何と80年物という桐の和タンスや、嫁入り道具だったという食器棚、また兄弟3代にわたって使用された20年前の学習机、今や物入れと化してしまった30年物のピアノなどが今回のリフォーム対象に…。そして、それらをそれぞれ家族の要望を取り入れつつ、リフォームしていく。果たして、これらの古い家具たちはいったいどんな新しい顔を見せてくれるというのか!?!?
結果を見る

決勝ラウンド
 「スペシャルチェア創作勝負」
 ここでは、個性あふれるチェアを創作してもらう。材料となる家具は選手自身が自由に決定する事ができる。
 審査員は、家具・椅子の専門家3名。審査員のポイントをより多く獲得した選手が復活、決勝へ進出するが、1名はここでリタイアに。
 ある選手は不要になったベビーベッドを、また一方の選手は3つのサイドテーブルを材料に選ぶ。さて、どんなオリジナル椅子が完成するのか?無事決勝に復活できるのは、どちらの選手なのか!?

飯坂健司

宇井孝
結果を見る

決勝ラウンド
 「リフォーム家具オークション勝負」
 決勝では、3名の選手に不要家具と廃材を使い、1日12時間、2日合計24時間で家具の3点セットを作ってもらう。出来上がったリフォーム家具は、全国から集まった家具屋さんの仕入れ担当者がオークションで落札、そこで最も高い値段のついた選手がチャンピオンとなる。
 しかし、仕上がった家具は実際の材料費はゼロ。つまり職人の技とアイデアに値段がつけられるというガチンコ勝負ということに。果たして、プロたちの目にかなう魅力的な技を披露、見事チャンピオンの座につくのはいったいどの選手なのか…?

飯坂健司

三木黄太

南宣明
結果を見る 結果を見る 結果を見る

チャンピオン
写真
飯坂健司


↑Top