嗚呼…海苔に抱かれて 全国巻き寿司職人選手権
放送日:9月18日
スタジオゲスト:広瀬哲朗
「この絵なんだろな勝負」
戦いの舞台は東京江戸川区にある幼稚園。ここでは、巻き寿司の断面で絵柄を作ってもらう。選手たちはまず、封筒に入ったお題を取る。そのお題は10種類。巻き寿司が完成し たら幼稚園児に披露、指名した園児が何の絵か当てたら次のお題へと進む。お題のテーマは『乗り物』と『動物』。ここで、いち早く2問クリアした4名が第2ラウンドへ進出、残った1名がリタイアとなる。
 

「巻き寿司3番勝負」
巻き寿司にまつわる3番勝負を行う。それぞれの勝負の勝者1名ずつが決勝へ勝ち抜け、最後まで残った1名がここで リタイアとなる。
1番勝負 「秋の行楽弁当バトル」
秋をイメージした巻き寿司弁当を作ってもらう。審査員は、食のプロ3名。最も評価の高かった1名が決勝ラウンドへ進出、残る3名は2番勝負へ。
vs vs vs
2番勝負 「どっちが先に!!早巻きバトル
選手3名は、番組が用意した対戦相手と勝負する。ただし、対戦相手が誰かは直前まで明かされていない。勝敗はそれぞれの対戦相手との皿の枚数の差で決まる。ここで最も多くの差をつけた者が決勝へ進出、残る2名は3番勝負へ進む。対戦相手をジャンケンで決定…結果、"料理好きなお父さん4名""小学生料理人2名""史上最強の寿司マシーンNEW HI−ROLL"といった強豪との対戦が決定される。
vs vs
3番勝負 「巨大太巻き勝負」
制限時間1時間で、できるだけ大きな太巻きを作ってもらう。海苔、シャリ、具は使い放題。勝敗は、できた太巻きの高さで決定する。勝った選手が決勝へ進出、負けた方はここでリタイアとなる。
vs



「回転!創作巻き寿司人気勝負」
舞台は江戸川区にある回転寿司『はなの舞』。 ここで、お店の職人さんが握る寿司が流れるレーンに、選手が創作巻き寿司を出す。ただし、選手たちはお客さまから見えぬよう、バックステージで巻く。3つのグループの客層に合わせた巻き寿司を考え、それぞれ制限時間1時間で行い、最終的に最も多くの巻き寿司を食べさせた選手がチャンピオンとなる。
vs vs


チャンピオン
管田勇樹


↑Top