宇宙犬作戦

INTRODUCTION / 宇宙犬作戦とは

2512年――。 銀河の果てに浮かぶ惑星プードルでは、さまざまな問題によって社会が荒廃しきっていた。 事態を重く見た惑星プードルの“美しすぎる大統領”は、 太古の昔に地球からたどりついたという宇宙船“デンエンチョウフ号”を、再び地球へ旅立たせようと計画する。 デンエンチョウフ号の船長には、古代の地球に詳しい冷静沈着な植物系人モジャットが。 そして操縦士には、地球人の末裔である元宇宙海賊の荒くれ者マルコが任命された。 さらに美女アンドロイドオハナと、宇宙翻訳犬スプートをクルーに加え、 デンエンチョウフ号ははるかなる惑星・地球へと旅立っていった――。 デンエンチョウフ号に残された航海日誌の最後のページ… そこには、地球の言葉でたぶん“犬”を表すっぽい 単語が書かれていた――。 日誌の封印をとくためには、地球人が残した 不思議な球体オーブを集めなければならない。 ……全宇宙人類の命運をかけて、 彼らが挑む作戦。 それが……“宇宙犬作戦”なのである!

PageTop / ページトップ