2015年5月19日
#7 ウルビーノ聖書②
Urbinate Bible (2)
ウルビーノ聖書② 

ウルビーノ聖書は、イタリア中部にあったウルビーノ公国の君主、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロが莫大な資金を投じて作らせたもの。
彼は傭兵隊長で、その時代に最も国が栄えたが、自らが高貴な人間であることを印象づけようと、その紋章をウルビーノ聖書に刻ませた。

Urbinate Bible (2)

The Duke of Urbino, Federico da Montefeltro, spent an enormous sum of money to create the Urbinate Bible. The city-state of Urbino flourished under the rule of this condottiero. Wishing to leave his mark as a noble man of culture as well, he had his seal embossed on the Bible.

© Biblioteca Apostolica Vaticana