2015年9月29日
#26 クーフィー体コーラン
The Kufic Koran
クーフィー体コーラン

アッバース朝で7世紀に作られ、今は世界に散逸してしまった貴重なイスラム教の教典コーランの断片。現在15ページ分がバチカン図書館で保管されている。書かれている文字、クーフィー体はアラビア語で最も古く格調高い書体のひとつで、コーランの写本のみに用いられている。

The Kufic Koran

This is a fragment of the Koran, the sacred text of Islam. This version of the Koran was written down during the Abbasid Caliphate, in the seventh century, and is now scattered throughout various places in the world. Today 15 pages of it are preserved in the Vatical Library. Kufic, the script in which it is written, is the oldest and most elevated of the scripts used to write Arabic. It was used only for the Koran.

c Biblioteca Apostolica Vaticana