今回のゲストは、作家の童門冬二さん。

 

歴史小説の第一人者です。

 

代表作でもある、小説 『上杉鷹山』 

どん底に陥った「米沢藩」を、さまざまな決断と改革で立て直し

新たな国作りに取り組んだ、そこから何かを学びたいと、

不景気の日本で、度々注目された作品。

 

 【 歴史は現在に生きている 】

童門さんの歴史小説からは、そんな想いがが伝わってきます。

 

実は童門さん。

かつては海軍の特攻隊に所属、

そして51歳までの約30年余り東京都庁に勤務

(3人の知事の元で、広報や側近として活躍)

その後執筆に専念し、56歳でベストセラー作家に、

86歳を超えて尚、現役で活躍されているのです!

( 最新作がこちら ↓ )

 

『 終身現役、一生勉強、起承転転で生きる 

 

何を始めるのにも遅すぎることはない・・という 童門さん。

 

 

そんな童門さんがお薦めする本が、こちら。

 

 

        【 津軽 】      太宰治   著

 

 

太宰治が私と同じ歳の頃の作品。

 

「斜陽」や「人間失格」など、やや「陰」の印象が強い作品が多い中、

この作品は珍しく、素直に前向きな持ちを綴ったものです。

故郷である「津軽」の自然や歴史をたどりながら、

自身のルーツや家族や友の愛を求める旅。

ひょっとすると、これが太宰治の本当の姿=原点ではないかと

思わせるな作品でもあり・・・その後、彼が(酒・薬・心中といった)

地獄のような苦悩に苛まれていく姿を知っているだけに、

私達は、より心を揺さぶられるのかもしれません。

 

『 新しい自分に生まれ変わっていこう! 

                 勇気と励ましをもらった。』 (童門さん)

 

特攻隊から生きて戻ってきた後、世間の冷たい視線に

押しつぶされそうになっていたとき、太宰の瑞々しい生き生きとした文章に

とても励まされたと言います。

 

『 本当の太宰は、優しくてピュアで傷つきやすい人間なんだろう。 』

照れ屋で、少しひねくれ者で・・太宰と自身の性格を重ね合わせる童門さん。

 

太宰がこの作品の中で、故郷の旅を通して精神の安定を取り戻したり

乳母との再会によって心が浄化され救われたことが、

童門さんの精神にも大きな影響を与えた言います。

 

さらに。

 

『 太宰の文章の行間には「詩心」がある。

             読む者の心を和らげるような・・ 』 (童門さん)」

 

文学少年だった童門さんの繊細な心に深く響いてきた

                             太宰の言葉の一つ一つ。

「津軽」の最後のセリフには、やはりグッときたと話します。

 

『 元気で行こう。 絶望するな。 では、失敬。 』

 

何気ないひとこと。

読者に語りかけながら、

自分自身を奮い立たせるような・・全てが凝縮した印象的なラスト。

 

太宰作品の本質に触れることができたような気がして、

改めて、じっくり向き合ってみたくなりました☆

日銀総裁会見

PICK UP NEWS