「企業は人なり」・・・グローバル化した経済の下、いま、世界各地で熾烈な人材争奪戦が繰り広げられている。
中国・インド・ロシアなど新興国では欧米諸国の企業が進出、大学に手を伸ばし、日々、優秀な学生のリクルート合戦が行われている。
その人材を育てる大学でも国際化が進み、対応が遅れた日本から、若い頭脳が海外へと流出している。
グローバル化の進む人材争奪戦、日本の企業の進む道は?
現地取材を元にスタジオでアナリストたちが徹底分析、未来像を描き出す。
ベトナム取材の一部をOAに先駆け公開中!

勤勉な気質と安価な賃金。
10数年前から日系企業が進出していたベトナムに欧米外資が進出。
ある日本企業の苦悩と選択。