2017年8月7日

おいしいニセモノが出てきた!?世界疑似食開発競争!:未来世紀ジパング

未来世紀ジパング【勃発!世界疑似食開発競争 おいしいニセモノが出てきた!】
放送日時:2017年8月7日(月)22:00~22:54


TX170807_2200_PR001.jpg

これからの未来に向けて「食」の分野でも、様々な開発競争が繰り広げられている。その一つが「おいしい疑似食」の開発。
今回はそのなかでも「肉」と「チーズ」に注目。健康にいい、環境にいいと言っても、食べ物だからこそおいしくない物は、食べたくはない。
そこを克服する、「おいしい疑似肉」「おいしい疑似チーズ」が登場している。


TX170807_2200_PR002.jpg

【アメリカで「おいしい疑似肉」が大流行の兆し!】
アメリカ西海岸でいま人気のハンバーガーショップ。ここの一番人気は、健康的なハンバーガー。カロリー、そしてコレステロールが低いのだという。
というのも、ハンバーガーの命である肉が・・・肉ではないから。肉は全く使わず、植物由来の成分で作っているのだ。しかし、見た目も、味も、ホンモノそっくり。
いまアメリカでは、このような「おいしい疑似肉」の開発競争が始まっている。シリコンバレーなど、西海岸のベンチャー企業が、最新の技術を使って、作っているのだ。
日本の商社も、この疑似肉に注目していた。


TX170807_2200_PR003.jpg

【日本の技術が おいしい疑似チーズを開発!】
いま、日本の有名レストランで、「おいしい擬似チーズ」を出すところが増えている。チーズと思って食べている人が、続出中なのだ。
これもまた、コレステロールなど、健康を気にする人向けに開発された新技術。「疑似チーズ」はこれまでにもあったが、今までとは全然違う完成度だという。
この「疑似チーズ」をもって、日本のメーカーがアメリカへ売り込み。世界一の生産量、消費量のアメリカで、「疑似チーズ」は受けいれられるのか?


TX170807_2200_PR004.jpg

【究極の未来食は昆虫!? 日本でも拡散中!】
未来へむけて心配されることの一つが食糧難。特に、何からタンパク質を摂取するかが、課題とされている。
その問題の解決策の一つとして、いま考えられているのが「昆虫を食べること」。実は、日本でも「普通に昆虫を食べる」ことが、始められている。
コオロギをラーメンの出汁に・・・。一体どういう事なのか・・・。


出演者
【MC】SHELLY、秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)
【沸騰ナビゲーター】山口義行(立教大学名誉教授)
【ゲスト】佐々木俊尚、坂下千里子、鈴木ちなみ、柴田明夫(資源・食糧問題研究所代表)


【公式ホームページ】
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

関連カテゴリー

この記事を共有する