2018年1月3日

直樹を襲う衝撃の真実!死刑囚一の極悪人・深堀と関係が!?:モリのアサガオ 第7話&第8話

morinoasagao_180103_01.jpg
【配信終了日:1月12日(金)】動画はこちら


「死刑制度」の今を浮き彫りにした社会派作品として話題を呼んだコミックを原作に、2010年にドラマ化した「モリのアサガオ」。死刑囚舎房に配属された新人刑務官・及川直樹(伊藤淳史)と死刑囚の心のふれあいを描く、ヒューマンドラマです。


今回は、「モリのアサガオ」第7・8話の内容を紹介。


直樹が背負う宿命とは......?


morinoasagao_180103_02.jpg


恋人・沢崎麻美(香椎由宇)に「ソウル支社への転勤の話を持ちかけられていて、行くかどうか迷っている」と聞かされた直樹は、一度現地の様子を見て決めることを提案し、2人で韓国に行く計画を立てます。


直樹は、早速パスポートの申請のために戸籍抄本を取り寄せますが、そこには衝撃の事実が記されていました。


morinoasagao_180103_03.jpg


直樹の両親の名前は自分の苗字とは違う"山本"という姓で、今の両親に養子として迎えられていたことを知ってしまったのです。直樹は、父親である"山本憲人"という名前を見て、以前、深堀(柄本明)に「山本にそっくりだな」と言われたことを思い出し、翌朝、深堀の房へ向かいました。


直樹が"山本憲人"の息子であると知った深堀は、動揺して直樹に襲い掛かります。その態度を見た直樹は、深堀と山本の間に何かがあったことを察し、深堀の犯罪歴を調べ始め、深堀が死刑判決を受けることになった事件の前に、「鶯谷事件」と呼ばれる殺人事件にも関わっていたことを知ります。そして、その「鶯谷事件」の主犯が、"山本憲人"だったのでした。山本には死刑の判決が下っており、すでに執行されていました。「自分の父親が死刑囚だったとは......」。直樹は愕然とします。


morinoasagao_180103_04.jpg


そんな中、麻美は直樹に転勤の話を持ちかけますが、それどころではない直樹は、麻美に対して冷たくあたってしまいます。さらに、酔っぱらって街行く人とケンカをして帰宅し、直樹の部屋から戸籍抄本を見つけた両親のことも責めてしまうのでした。


翌日、直樹は深堀の元妻・和子(岡本玲)を訪ねます。昔から深堀と山本の関係を知る和子の「山本くんが人を殺すとは思えなかったのに...」というひと言を聞き、直樹の中には「本当に父は主犯だったのか」という疑問が生まれました。


morinoasagao_180103_05.jpg


直樹は「鶯谷事件」の真相を追い始め、山本が死刑となった原因は、お腹に直樹を身ごもった妻・美代子を守るためだったと知ります。自分のせいで事件が起きてしまった事実に深く傷ついた直樹は、満に肩を抱かれて「どんなにつらいことがあっても、お前は死なないんだぞ」と励まされるのでした。


深堀のもとに迫る死刑執行の足音


満に励まされた直樹は、感謝の気持ちを込めて、子どものときに満が直樹にあげた野球ボールを差し出します。しかし満は、「俺がどうせ死ぬからか?」と激怒し、廊下ですれ違った死刑囚・迫(津田寛治)に殴りかかってしまいます。


morinoasagao_180103_06.jpg


直樹は以前、迫に殴られたことがある満に「仕返しのつもりでやったのか」と聞くと、「やられたらやり返すのが当然だ。自分の手で殺すことができたので、田尻が死刑にならなくて良かった」と笑って答える満。励ましてくれたときの満から、まったく豹変してしまった姿を見て、直樹はショックを受けます。


ある日、深堀は直樹ともみ合いになって、自分のお気に入りのTシャツを汚してしまい、「必ず元通りにしろ」と迫ります。そんな中、深堀に死刑執行命令が下ります。


morinoasagao_180103_07.jpg


一方、ソウル支社への転勤を決断しようとする麻美は、遠距離になることを機に、直樹との結婚を意識していました。しかし、直樹にはそんな余裕がなく、「自分は死刑囚の息子」という足かせもあり、麻美を応援することしかできません。麻美もまた、何も話してくれない直樹に寂しさを感じていました。


翌日、直樹は、同僚の加奈(木南晴香)と一緒に深堀が汚したTシャツと同じものを探し回りますが、なかなか見つかりません。直樹は、「私のお姉ちゃんが子どものときに流行ったキャラクターなんですよ」という加奈の発言で、深堀の娘の存在を思い出し、深堀の娘・百合(西山繭子)のもとを訪ねますが、百合は「深堀は死んだことになっているから一切関わりたくない」と言い放ち、直樹を追い返してしまいます。


morinoasagao_180103_08.jpg


そんな中、深堀の処刑を控え、訓練が進みます。しかし、刑務官の後藤は、以前星山(大倉孝二)の処刑に立ち会って以来、この仕事に不安な気持ちを抱いていました。まだ1年目の直樹は、死刑執行の場に立ち会うことができないため、若林に「自分にできることはないか」と尋ねます。


いよいよ、深堀の死刑が執行される朝がやってきます。直樹はどのようにその時を迎えるのでしょうか。そして、直樹を励ました満の心情とは......?


『モリのアサガオ』は現在、全話を「ネットでテレ東」で期間限定配信中です(1月12日まで)。ぜひ、この機会にチェックしてみてください。



【モリのアサガオ】
出演者:伊藤淳史、ARATA、香椎由宇、谷村美月、柄本明
ホームページ:http://www.tv-tokyo.co.jp/moriasa/

関連カテゴリー

この記事を共有する