2017年10月4日

バンドマン&YouTuberの熱いバトルが、この秋、熱いムーブメントを巻き起こす!

entax_1004_01.JPG


この秋、深夜を騒がせる熱いバトルが勃発します!
10月4日水曜日の深夜からスタートする新番組「エンタX」では、次世代のエンターテインメント界をもり上げる、若き才能を紹介。


第1回の前半は人気YouTuberたちが動画対決を行い、後半では若手ミュージシャンによる勝ち抜きバトルが繰り広げられます。


音楽ブロックの審査員には、LUNA SEAのドラマー真矢さんをはじめ、グッドモーニングアメリカのギター渡邊幸一さん、ベースのたなしんさん、そして「音楽ナタリー」編集長の加藤一陽さん、音楽ライターの上野拓朗さんという音楽業界のプロフェッショナルが揃い踏み。審査を経て3週勝ち抜けば、グランドチャンピオンとして決勝に進出できます。


entax_1004_02.JPG


一方、YouTuberブロックでは、エンタX レギュラーYouTuber(MEGWIN、明日香、デカキン、足の裏)にさまざまなゲストYouTuberが対戦をしかけます。審査は街行くあらゆる年代層を直撃して勝敗を決めるという、ネットメディアらしいゆるいスタイル。

ということで、1回目の番組収録があると聞きつけ、「読むテレ東」編集部は現場へ急行。潜入したのは、バンドブームがあった子ども時代を経て、学生時代にバンドでギター経験(下手)もある編集部のM。今やギターは埃をかぶり、YouTuberの動画は仕事中の現実逃避および癒しとなっている昨今ですが、一体どんなパフォーマンスが見れるのか、楽しみです!


MCを務めるのは、芸人としての活動はもちろん、ピコ太郎のプロデューサーとして大ブレイクを手がけた古坂大魔王さんと、今年、アメリカの映画情報サイト「TC Candler」が発表する「世界で最も美しい顔100人」にノミネートされたNikiさん。まずは収録の合間に、MCのお2人を直撃してみました。


── 今回、番組「エンタX」の企画を受けていかがですか?


古坂:とうとうこういう時代が来たかという感じですね。バンドマンにとっては不遇の時代にあって、新人を発掘する登竜門的な番組になるといいですよね。ガチ勝負ですから。しかもこの番組では、音楽以外にYouTuber同士の対決もあるということでワクワクしていますが、どうやってジャッヂするんだろうという不安も入りまじっています(笑)。


entax_1004_03.JPG


Niki:私は、初のMCの依頼を受けて、「やばい、どうしよう!」という感じですが、言葉がカミカミながらもどうにかがんばらせていただいています(笑)。
普段からそんなに音楽も聞かないし、YouTuberにも詳しくないのですが、逆にいろんなパフォーマンスをフラットな目線で楽しめることを伝えられたらと思っています。


entax_1004_04.JPG


MCの2人も新しい試みへの期待感とワクワクをにじませているご様子でした。


さて、前半のYouTuberブロック対決では、ゲストとして矢口真里さんが登場。エンタX レギュラーYouTuberからは、この道12年のYouTuber界のパイオニアで、チャンネル登録者81万人、総再生数約6億回を誇るMEGWINが立ち上がりました。


対するは、ワタナベマホト。こちらは25歳、10年以上のキャリアがあるYouTuberで、チャンネル登録数約151万人、総再生数7億越えという強敵です。


MEGWIN さんは元コメディアンで、YouTubeの黎明期から動画投稿を開始し、コメディ動画に根強いファンが多数。
対するワタナベマホトさんは、中学生の頃から動画投稿を開始し、TwitterやFacebookの総フォロワー数はあわせて230万人とSNSでの支持者も多いのが特徴。
また、BEMA名義のヒップホップユニットで活動するほか、カイワレハンマー名義でオリコンデイリーチャート1位を獲得しています。


2人ともネタ系動画を中心に人気を集めるYouTuberですが、どんな動画で勝負するのでしょうか?
それぞれに番組出演への意気込みについて伺いました。


entax_1004_05.JPG


── 今回、番組の企画を受けて、どんな気持ちでしたか?

MEGWIN:何度かテレビに出させていただいたことはあるんですけど、レギュラーとしてちゃんと出演するのは実は今回が初めてなんです。それにもともと僕は芸人でテレビに出たくて動画投稿を始めたので、まずは「テレビに出れる!やったー」という嬉しい気持ちでいっぱいです。


ワタナベ:YouTuberをちゃんと紹介してくれるとても素敵な企画なので、出演依頼をいただき、とても光栄でした。
しかも尊敬するMEGWINさんとご一緒できるということで、嬉しかったです。先輩のMEGWINさんをはじめ、ほかレギュラーのデカキンさんなどのYouTuberともお会いできて、たくさん刺激を受けました。


── 対決動画を選ぶにあたり、どの点を意識しましたか?


MEGWIN:ワタナベマホト君はイケメンで女性ファンが多い強敵なので、僕の絶対の自信作をぶつけようと思います!


entax_1004_06.JPG


ワタナベ:MEGWINさんは"裸芸"で有名な方なので、それに対抗するにはどうしたらいいかということを意識して動画をぶつけます!

自撮りで体を張った数々の動画を公開し、一般に顔もよく知られているYouTuberのお2人だけに、収録時は緊張の様子はみじんもなし。お腹が見えるショート丈の革ジャンにかつら姿で現れたMEGWINさんをMCの古坂さんがいじり倒す様子も要チェックです。


そして続く後半は、音楽ブロック対決へ。今回対決したバンド2組にも話を聞いてみました。
現在、ライブ活動が中心の彼らは両者ともに、地上波初出演だそうです。


entax_1004_07_.jpg

まずは、2012年に結成された3ピースバンド「春六(はるむ)」を直撃!
メンバーは、大学の同級生だったギターボーカルですべての楽曲を手がける関川正孝とベースの英助、そしてmixiのコミュニティで知り合ったというドラムの馬場啓二。


演奏を聴いていただけるとわかりますが、実にさわやかなルックスのメンバーとそれにふさわしい耳なじみのいいロックサウンドが特徴です。
実際、収録時にMCの古坂さんにも「ライブ中、女性ファンにキャーキャーいわれている様子が目に浮かびますね」「ちゃんとしてますね」と評されるようなさわやかなルックスかつ真摯なメンバーでした。

entax_1004_08_.jpg

── 今回番組で演奏する楽曲について教えてください!


関川:昨年1年活動を続けたなかで、「バランスがいいけど、色がない」といわれたんですよ(笑)。それが実はショックでして。
以後、自分たちの個性について考えた結果、色がないなかにちゃんと名前のない色は持ってるじゃないかと考えるようになりました。模索していく中で作ったのが、今回演奏する「キャンバス」という曲。はじめは自分自身への応援ソングでしたが、ライブを続けるうちに人の背中を押せる曲に育っていきました。


── 番組出演への意気込みは?


関川:地上波出演を機に、僕たちの持つ曲の世界観やストーリーを多くの方に共感いただけたら嬉しいです。

entax_1004_09_.jpg

そんな春六と対戦するのは、紅一点のギターボーカルHALを中心とした4ピースロックンロール・バンド「The Mash」。
メンバーは、「ミスiD2017」の実行委員長特別賞を受賞したキュートなルックスのボーカルHALを筆頭に、今回番組に登場するギターのRYOとベースの帆保健太郎、そして、ドラムのK(バイトのため、HALとKは欠席)。


なんと平均年齢20歳!演奏中も楽屋でも絶えず動きまわるメンバーを見て、ハタチの若さとほとばしるエネルギーを感じずにはいられません。


── このバンドでやっていきたいことは?


HAL:古き良きロックンロールを体現していきたいです。


帆保:メンバー全員聞いてきた音楽はバラバラではあるんですけど、共通項としてはスリーコード※の楽曲とかロックンロールが好きなことですね。


※3つのコードをおさえるロックギター特有のコード進行で、別名パワーコードとも呼ばれます。通常のギターのコードを簡略化して人差し指、薬指、小指の3本だけで弾くことをいいます。


entax_1004_10_.jpg

── メンバーから見たHALさんは?


RYO:実際はチワワを飼ってるのに、防犯で家の前に「猛犬注意」というステッカーを貼ってる家があるじゃないですか。
HALがチワワだとしたら、ドアを開けたら最後、そのチワワことHALがガブッと噛みついてくる感じ(笑)。散歩に連れて行ったら行ったで、ずっと引っ張り回されるか、もしくはその場で気まぐれに寝ちゃってまったく動かないかのどっちかという感じですね。


実際に彼らの演奏を見たら、メンバーの話す意味がよく理解できました。昭和世代には間違いなくフィットする王道のロックンロールが炸裂。特筆すべきは、ボーカルHALの魅力。久々にライブで鳥肌が立ちました。収録時の審査員からも「今の時代とは思えない、昭和っぽさを感じた」「まとまりがないようで、演奏はちゃんとしてる」といった意見が飛び出しました。


2組ともに、テレビ初出演とは思えないほど堂々としていて、審査員からは演奏技術の高さについても軒並み高評価となりました。
ベテランミュージシャンである真矢さんをはじめ、グッドモーニングアメリカの2人からは「彼らの初々しさに刺激を受けた」「非常に勉強になった」といった意見も。


さて、気になる勝敗のほどは、番組を見てからのお楽しみ。審査員のみなさんの反応に注目です。


もちろん、前半のYouTuberブロック対決の誰も予期せぬジャッヂにも要注目!
後輩YouTuberマホトさんを相手にガチ勝負で挑んだMEGWINさん、ネタ系動画の貴公子のワタナベマホトさんの動画は必見。かならずやお茶の間の笑いを誘うこと間違いなしです。


というわけで、新番組「エンタX」の収録はまだまだ続きます。
引き続き「読むテレ東」編集部でも続編レポートを逐一公開予定。
まずは、10月4日水曜日深夜1時35分からの記念すべき放送第1回目をお楽しみに!


entax_1004_07.JPG


<YouTuberブロック>


MEGWIN
https://www.youtube.com/user/megwin


ワタナベマホト
https://www.youtube.com/channel/UC4Au2QrbfaSjHPSdk5tUBeg



<音楽ブロック>


春六
https://www.youtube.com/watch?v=EyNITy1VmE8


The Mash
http://artist.aremond.net/mash/



番組名:テレビ東京「エンタX」
放送日:10月4日水曜日
放送時間:水曜深夜1:35〜2:05

MC:古坂大魔王、Niki

ゲスト:矢口真里、真矢(LUNA SEA)、グッドモーニングアメリカほか
※10/4(水),10/18(水)はグッドモーニングアメリカによるスペシャルライブも放送

ホームページ:http://www.tv-tokyo.co.jp/enta_x/
番組公式Twitter:https://twitter.com/enta_x

関連カテゴリー

この記事を共有する