2018年1月14日

世界一治安の悪い国・南米ベネズエラで「とある日本食」を作り続ける81歳のおじいちゃん職人に密着!:世界ナゼそこに?日本人

世界ナゼそこに?日本人 激動の国ベネズエラで"あの日本食"を広めるガンコ職人
放送日時:2018年1月15日(月)21:00~21:54


世界一治安の悪い国・南米ベネズエラで"とある日本食"を作り続ける日本人ガンコ職人!その日本食は現地で大ヒット!果たしてその正体は?そして彼が語る地獄の日々とは


ベネズエラ・ボリバル共和国


nazesoko_0114_01.jpg


南米大陸の北側に位置し、世界で最も治安の悪い国のひとつと言われる激動の国「ベネズエラ・ボリバル共和国」のクマナという田舎町に、日本の"さるまた"をこよなく愛する81歳のおじいちゃん職人を発見。


nazesoko_0114_02.jpg


日本食の麺工場を経営し、いまだ現役として従業員の先頭に立ち頑張っている。


nazesoko_0114_03.jpg


しかし今、ベネズエラでは麺を作るための原材料である小麦粉が不足という深刻な状況にあり、利益なし・在庫なしの危機的状態に陥っている。そこで救世主となったのが、小麦粉を使用せずに作れる"あの日本食"。現地の人々に大人気となりヒット商品と化している。だがこれも、国の情勢が厳しい中での材料確保や従業員への給料支払いには苦しいものがあるのだという。


nazesoko_0114_04.jpg


31歳で単身移住してきた時、事業が失敗に終わり借金を抱えて八方ふさがりになったというが、なぜ男性は日本に帰らず留まることを決意したのか?苦しい中、80歳を過ぎてなお、現役として"あの日本食"を作り続けるその理由とは?人生の半分以上をこの地で過ごしてきたという男性が語る「生きるか死ぬかを選択しなければならなかった地獄の経験」とは?


出演者
【MC】ユースケ・サンタマリア、新井恵理那
【ゲスト】有森也実、足立梨花、東貴博、渡部陽一


【ホームページ】
http://www.tv-tokyo.co.jp/nazesoko/

関連カテゴリー

この記事を共有する