youは何しにニッポンへ?

youは何しにニッポンへ? スタッフ追っかけ日誌
スタッフ追っかけ日誌 第2回(後編)2015.05.04

『YOUは何しに日本へ?』のロケ現場に逆密着したら、予想外のドラマが待ち構えていた……!(後編)

テレ東の人気ドキュメントバラエティ『YOUは何しに日本へ?』。成田空港でYOUを探す番組スタッフに逆密着ロケ第二弾、後編です。
さて、前編は森谷Dに後日密着OKのYOUが出ましたが、その後の成果やいかに!?

12:20

今日は大漁の予感!? ヒッチハイクYOUキター!

今さて、成田空港第一ターミナル北ウィングに移動した我々逆密着班。ここには金子Dと徳永D、2人体制でYOUを待ち構えています。

今回の3人の中で、一番番組歴がまだ短い徳永D。既に番組が長く続き、しかも人気番組となってからの参加とあり「自分が面白いYOUと出会えるか、面白い映像を撮れるかというプレッシャーはありますね。正直、ハードルは高いです」。狙うYOUは「身軽そうな人ですかね。あとバックパッカーでもカップルよりは1人かな。カップルはハネムーンの率も高くて、密着を断られる人が多いですから」 午前中で既に森谷Dに後日密着が出たことに、一番プレッシャーを感じている模様です。
  • こちらは対照的に、一番番組歴が長い金子D。数々のツワモノYOUたちに密着してきた経験があります。どうですか? 今日は密着取れそうですか?
    「まあ、焦ってもしゃーないなと。運もありますし。釣りと一緒です」
    お、ベテランの余裕かそれともキャラか。他の2人とはちょっと違います。ちなみにどんなYOUを狙うんですか?
    「僕の経験上、麦わら帽子でヒゲの人に悪い人はいないです」
    えっと……それはそういうYOUで面白い密着VTRが撮れたという経験から?
    「いや。単純にひどい断り方はしないな、という経験則です。だって心が折れるじゃないですか!」
    ……確かに気持ちはわかります。見知らぬ人に声をかけるのはやはり仕事といえど勇気がいるもの。せっかくだったらお互い気持ちよくインタビューをしたい、というのはわかりますが……金子D、それだけ!? 
    でもこの金子D、番組でも大きな反響を呼んだ、家族4人で自転車で世界中の活火山を周るYOUの密着などを担当しています。「あの時は凄かったですよ。普通自転車って輪行バッグとかに入れ出てくるんですけど、到着ロビーに出てきた時既に自転車乗ってましたから。『またエラいの来たなあ!』って瞬間的に思いました」
    強烈なYOUのとの出会いを経験しているからこそ、自分の中での基準も厳しくなるようです。

    さて。欧州や南米からの便が到着、ロビーが慌ただしくなります。当然、番組取材班も慌ただしくなります。

    この瞬間はディレクター達の顔も真剣。1人YOUのインタビューをしている間に、他の良さそうなYOUが通りすぎようとしていたら別のディレクターがすかさずキャッチ! まるでスポーツの連携プレーを見ているようです。

    徳永Dが声をかけたのは、お揃いの水色バックパックを背負った2人組女子YOU。スペインから来た彼女たち、仲良し2人組でいろんな国の旅行をするのが趣味なのだそう。
    徳永D「日本はどこに行くの? とりあえず京都と奈良……え、ヒッチハイクで!?」
    後からわかりましたが、ヒッチハイクをするYOUは珍しくないものの、女子2人でというのはなかなかいないとのこと。しかも彼女たちの荷物で気になるのはバックパックに巻かれた銀マット。どうやら野宿する気満々の模様です。ワイルドー!
    徳永D、密着の交渉に入ります。「今日は疲れてるから、明日からならOK」とYOU。やったー!

    日本に来る前に、日本語も少し勉強してきたというYOUたち。歳は24歳くらいとのこと。お疲れのところ、笑顔で写真に写ってくれました!

    スペイン人YOUを見送り、「良かった、密着出た……!」と徳永Dは少しホッとした表情。しかし明日からは「ヒッチハイクに密着」という新たなハードルが待ち構えています! 無事に密着できて良い映像が撮れるよう、成田の空に祈る徳永D。
    ……が! この祈りも虚しく、残念ながら彼女たちからその後連絡は来ず、密着することはかなわず。実はその場でOKはもらっても「やっぱりダメ」と断られたり、連絡をくれなかったりと、こういうケースがよくあるんです……。ガンバレ徳永D、次こそ待望の密着を!

    14時台まで少し到着便が空くので、今のうちに腹ごしらえ。本日は第一ターミナルの上にある不二家レストランでタンシチューセット。
    徳永D「……なんか女子飯ですね」
    いやいやがっつりお肉食べて英気養ってください。
    食事中も明日からの密着のことを、カメラスタッフとずーっと話し合っている徳永D。スペイン語の通訳も手配しないといけないし、食事中もなんだか気もそぞろ。密着はOK出てからがむしろ勝負なんですね。

  • 14:00

    午後の到着便ラッシュ到来。果たして?

    次々とYOUに話しかけていくディレクター達。なかなか密着は出ませんが、観察しているとそれぞれYOUへの話しかけ方もタイプがあるのがわかります。

    森谷Dは「機動力型」。ゲートから降りてきたばかりのYOUだけでなく、空港の隅に座っているYOUなどいろんな所のYOUにも次々と話しかけていきます。
    対して徳永Dは「追跡型」でしょうか。行き交うYOUをしばし観察、「行ける!」と踏んだらダッシュしてYOUを捕獲することが多いです。

  • 16:10

    まもなく終了。ラストスパートで金子Dに変化が!?

    お、大きな箱を持ったYOU発見! スウェーデン人で、シカゴ在住というYOU。日本に住んでいたこともあるとのことで、かなり日本語は堪能。話しかけると荷物の中身を見せてくれました。ギターの絵が書いてある箱でしたが、中身はなんと古い自転車のフレーム。これで富士山の周りを一周するのだそうです。
    「よし、じゃあ一緒に富士山回りましょうよ」
    金子D、密着の交渉に入ります。「いいですよ!」と応えるYOU。お、密着決定!?……でもなんだかYOU、のらりくらりと話をはぐらかしています。OK? ダメ? どっち〜!?

    金子D、粘る。

    粘る。

    はい、なんと 3 0 分 が経過しました。けしてゴリ押ししてるわけじゃないんです。なんだかはっきりしないYOUと、YOUの真意を確認する金子D。すいません、正直この様子はコントみたいでした。このYOU、なかなかのキャラクターです。

    「よーし、じゃ連絡ちゃんと返してね! 約束だからね!」
    後日密着の約束を取り付け、熱い握手をかわす金子D。やりました! 晴れ晴れとYOUを見送ります。

    やりましたね金子D!……ってあれ? 
    「あー、俺自転車で一緒に富士山周辺走るって言っちゃったなー。この季節まだ路面凍結してるんだろうなー……どうしよう……」
    いやいや自分で言ったんですから頑張ってください金子D。この番組のディレクターは、まさに色んな意味で「体を張って」取材をしているんですね。

  • 17:00

    成田空港ロケ終了! 今日の成果は!?

    最後にスタッフ全員で撮影。お疲れ様でした! 疲れはありますが、密着があったことで充実感はにじみ出ています。

    本日のインタビューリスト。話しかけたYOUは通訳さんがこうやって詳細をメモしています。今日は一人ひとりが長めだったこともあり、数は少なめ。

    しかしながら前回とうってかわっての成果、もしかして今日はラッキーデー!? しかし金子Dは「うーん。でも、そのまま密着にGO! というのが今日は1人も出なかったので……密着は数よりも『これだ!』というインパクトのある映像が1つ撮れた方がいいんですよね。そうすると清々しい気分で仕事終わりのビールを楽しめます」
    とのこと。
    なるほど……でもこれからの密着も、まだまだどんなドラマが待ち構えているかわかりませんからね。番組をますます盛り上げていくために、ディレクター達、頑張ってください!

前の日誌へ次の日誌へ