ドラマ24『湯けむりスナイパー』

BACK NUMBER 

第1回 2009/4/3

「新入り中年従業員源さん」
秘境の温泉宿「椿屋」の従業員・源は、かつて殺し屋だった。過去を清算して人生をやり直すため、偶然見つけた椿屋の求人に応募。住み込み従業員となり、“東京でリストラされた中年男の源”として仕事に励んでいる。
椿屋で働き始めて一週間たった日、椿屋に騒動が起こる。仲居の鈴世の元夫で、ヤクザ者の田川が宿で大暴れしたのだ。田川は年に数回宿を訪れては大暴れして、鈴世から金を巻き上げているという。椿屋の誰もが田川の存在を疎ましく思っていたが、客商売ゆえ警察に通報できずにいるという。
事情を知った源は、田川を暴力で屈服させて二度と椿屋と鈴世に近づかないよう約束させる。安堵する女将、捨吉、鈴世をよそに、源は未だに自分は過去を引きずっていると感じていた…。
その夜、「椿屋」には3人組の老人客が宿泊していた。すでに出来上がっている客たちは、女性を求めている。源は、番頭の捨吉に客の要望を伝えると、ある場所へ連れて行くよう指示される。そこは、スナック『花ちゃん』だった。どうやら、このスナックには秘密があるようで…。