バックナンバー

2013年8月26日放送

大草原の国モンゴル...知られざる親日国

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

大草原の国モンゴル...知られざる親日国

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

"大草原の国"というイメージを持つモンゴル。ところが今、首都ウランバートルは想像を超える発展ぶりを見せ、モンゴルのGDP成長率は2年連続で世界ベスト3入りを果たしている。さらにモンゴルは、知られざる親日国家だった。大相撲だけじゃない...なんと日本生まれの「コメ」と「銀行」も沸騰していた。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

経済成長著しいモンゴル

見渡す限りの“大草原の国”モンゴル。ところが、遊牧民が暮らす移動式の住居「ゲル」には近代化の波が押し寄せていた。中をのぞくと、遊牧民が太陽光パネルやパラボラアンテナを使って世界各国のテレビ番組を楽しんでいる。一方、首都ウランバートルではモダンなデザインの高層ビルが立ち並ぶ建設ラッシュ。実はモンゴルの経済成長率は12.3%(世界第3位)と空前の好景気なのだ。さらに深夜、若いビジネスマンやOLがディスコに繰り出し、踊りまくっていた。

モンゴル…知られざる親日国

モンゴルは実は知られざる親日国。これまで羊を中心とした肉ばかりを食べていたモンゴル人だが、街では日本食が流行っている。しかも“から揚げ定食”や“とんかつ定食”など“ニッポンの定食”が大人気なのだ。しかし、モンゴルで手に入る食材はほぼ中国産、出回っている米も中国米が大半を占め、日本の米はほとんど流通していない。そんなモンゴルに日本の美味しい米を届けようと“新潟の米”を販売する会社が立ち上がった。果たして、日本のコメはモンゴルで受け入れられるのか?

モンゴル最大の銀行…遊牧民にローンを

日本を代表するカリスマ企業家、澤田秀雄さん。あの大手旅行代理店エイチ・アイ・エスの創業者であり、ハウステンボスを再建した人物だ。その澤田さんがモンゴルの破綻した国営銀行を買収し、モンゴルナンバーワンの銀行に成長させたのがハーン銀行だ。その成長の裏には、きめ細やかな日本式の経営があった。中でもモンゴルならではの、異色の取り組みが“遊牧民ローン”。これまで、遊牧民が銀行にお金を借りることは難しかったが、ハーン銀行はある方法で可能にした。その驚きの方法とは?

NAVIGATOR

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)

1984年日本経済新聞社入社。バーレーン駐在、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、北京駐在、論説委員兼編集委員、アジア部長を経て、現在、日本経済新聞社編集企画センター兼アジア部編集委員。<主な著書>『勝つ工場』、『アジア力』、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(いずれも日本経済新聞社)。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

第2のサウジアラビア

サウジアラビアといえば、石油の資源埋蔵量が世界最大であり、最大の収入源でもある。
「モンゴルがサウジアラビアに匹敵する存在になる可能性がある」と後藤は言う。
最近、銅・金・石炭といった地下資源の埋蔵量が世界最大級と確認されたのだ。
この地下資源が開発されれば、建設事業・プラント・インフラ関係の仕事などが国民に富をもたらし、国民の購買力が広がる。
日本の製品は高いと言われているが、モンゴルの購買力が上がれば確実に消費者が増えてくる。さらに、親日であることを考えてもモンゴルは、日本にとって大きなチャンスがあるマーケットと言えるだろう。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。