バックナンバー

2013年12月9日放送

世界一の観光大国フランス 日本人を取り込め!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界一の観光大国フランス 日本人を取り込め!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

外国人観光客8300万人とダントツ世界一の観光大国フランス。その裏には、観光立国を目指すニッポンにはおよびもつかない驚きの戦略があった。なんと、観光客の国別接客マニュアルを作成し、ホテルやレストランの従業員やタクシーの運転手などに配布していた。そこに書かれた意外な内容とは?日本人客は何と書いてあるのか?また、ミシュランに代表されるように「格付け」を上手く利用、レストランやホテルだけでなく、田舎の村まで格付けし観光客を呼び込んでいた。さらに観光客のいない閑散期にはある方法でビジネスマンを呼び込む。実はフランスの観光客の4割はビジネス絡みだという。世界から客を呼ぶ"巧みな集客術"の裏側に迫る!

  • 次回予告画像1
  • 日本人で沸騰するモンサンミッシェル 日本人で沸騰するモンサンミッシェル
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) ~沸騰現場の経済学~ 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

フランス集客術・ 国別接客マニュアル

パリのホテルやレストラン、タクシーの運転手に配られた一冊の冊子がある。表紙には「あなたは観光客と話せますか?」とのタイトルが…実はこれ、去年作られた観光客の国別対応マニュアル。観光客の国民性を分析し、その国に合わせた接客サービスをしようというのだ。きっかけはフランスにまつわる不名誉な噂だった。それは、観光客に不親切…そのイメージを覆そうと観光協会が徹底的にリサーチし作ったのだ。中でも、日本人は特別だという。一体何が特別なのか?

国別接客マニュアル 国別接客マニュアル

フランス集客術・ 格付け

フランスはミシュランガイドに代表されるように「格付け」が得意。格付けすることによって付加価値をつけ、観光客に足を運ばせる。しかし、フランスの格付けはレストランだけではなかった。本のタイトルは「フランスで最も美しい村」。なんと田舎の村156カ所を「最も美しい」と格付けして認定した。この本のおかげで、かつては観光客に見向きもされなかった小さな村が、年間数十万人訪れる人気の観光地に。なんと「最も美しい村」をはしごするツアーまである。さらに、この最も美しい村のブランドを生かして地元の産品を発信しようとする村があった。その産品とは“幻の豚”だった。

最も美しい村 ゴルド村 最も美しい村 ゴルド村

フランス集客術・ ビジネス客を観光客に

パリは閑散期でさえ、観光客で溢れている。その秘密は見本市、年中そこかしこで開かれている。見本市周辺のホテルは常に満杯だという。実は世界各国からビジネスでやってきた客が家族を連れて来ているのだと言う。昼間はビジネス、夜は家族とディナーでビジネスと観光を両方こなすのが当たり前なのだ。なんとフランスの観光客の4割はビジネス絡みだった。

見本市で商談するオランダ人 見本市で商談するオランダ人

NAVIGATOR

山口義行(立教大学経済学部教授)

1951年名古屋市生まれ。1993年より立教大学経済学部助教授、2001年4月より現職。中小企業支援ネットワーク「スモールサン」を主宰し、中小企業支援活動を展開。民間の政策立案組織「政策工房J-WAY」の代表として、政策提言活動も行っている。主な著書に『山口義行の“ホント”の経済』(スモールサン出版)『終わりなき世界金融危機 バブルレス・エコノミーの時代』(岩波書店)『聞かせる技術』(河出書房新社)など。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

フランスが日本の観光大使に!

フランスは年間8300万人の外国人が訪れる世界一の観光大国だ。
その裏には、観光資源にあぐらをかかず「国別対応マニュアル」「格付け」「見本市」など様々な戦略で客を呼ぶ努力をしていた。
2030年に世界から3000万人の観光客を目指す日本だが、フランスのやり方すべてを真似できるわけではない。そこで山口は「フランスの格付け」を利用することが最善の方法だと言う。「ミシュランガイド」などのように、フランスの格付けでお墨付きを貰う事ができれば世界が認めてくれるというわけだ。つまりフランスを日本の“情報発信基地”にし、そこからどんどん発信して行く事が、観光のみならず日本の産業にとって世界に日本の良さを伝えることになるのだ。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。