一覧に戻る

バックナンバー

2015年4月13日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

日本の"新鮮力" 世界に捕れたての味を!

世界で"日本食"ブームが起きているが、その恩恵を被れていない業界がある。
それは・・・日本の漁業だ。
寿司、焼き鳥、ラーメン、うどんなど、「日本食の店」が、今や世界に5万5千店あるといわれるが、そこで"魚"が使われるとしても、その多くは、現地調達、またはその土地の近くの国から仕入れている。今回はそんな現状を打破しようと、日本の新鮮で美味しい魚を世界に広めようと動き出した人達に密着。また新鮮なまま魚を運ぶ新技術も紹介。

「美味しい日本の魚を食べてもらいたい!」あの全漁連の挑戦!

シンガポールの魚市場

日本食の店が沢山あるシンガポール、寿司店も多く軒を連ねるが、街で何のネタが好きか聞いてみると・・・「サーモン」との答えが。
外国の人たちにとって、寿司ネタで最もポピュラーなものが「サーモン」なのだ。
実はこのサーモン、多くはチリまたはノルウェー産。
そんな事態に危機感を持つ、日本の漁業の協同組合「全漁連」が、日本の新鮮な美味しい魚を食べてもらおうと、シンガポールに飲食店をオープンした。
この店、“日本全国の旬な魚しか出さない”というこだわり。果たして、客の反応は?

アジアの美食の都・香港に、捕れたて新鮮な味を

ANAとヤマト運輸が提携

海外に新鮮な魚を届けるためには、スピードと新鮮さを保つ技術が必要なのだが、
ANAとヤマト運輸が手を組み、日本の海産物をアジアにいち早く届けるサービスが始まっていた。青森の市場で競られたヒラメがなんと、翌日の昼過ぎには香港の回転寿司店で普通に食べられていた。そこには、コストを抑え、早く運ぶための秘策があった!

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿