一覧に戻る

バックナンバー

2015年5月25日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

"幸福の国"の真実① ブータン知られざるその後...

“幸福の国”の真実①ブータン 幸福度調査に密着!

格差の拡大が今また注目される中、連続企画で国民の幸福、幸せの尺度について考える。第1回目は日本でも「幸福の国ブーム」に沸いたアジアの小国、ブータン王国。国民の9割以上が「幸せ」と答えるブータン。5年に一度行われる「幸福度調査」に初めてジパングのカメラが密着。山間の村に足を運ぶ調査員と家族の生活から、真の幸福とは何か追跡した。調査団の中には、日本人研究者も・・・。この5年で「幸福の国」ブータンに、意外な変化が起きていた!?

「アジア最後の理想郷」が激変?

「アジア最後の理想郷」タクツァン僧院「キノコプロジェクト」が始動!

ブータンと言えば「アジア最後の理想郷」と言われ、ヒマラヤ山脈の麓で手つかずの自然が残り、のどかな原風景が広がる。国民は伝統衣装をまとい敬虔な仏教徒、首都ティンプーを見下ろす丘には「世界一の高さ」と言う黄金の大仏も完成した。そんなブータンに数々の変化も起きている。政府が力を入れる観光業では、名だたる外資系高級ホテルが続々進出し高級指向へ。来年にはブータンで禁断の釣りも解禁に。チベット仏教の教え「殺生禁止」を守ってきたはずが今なぜ…?
ブータンと日本の繋がりも大きく進化。国民的なスポーツは国技の弓矢からサッカーへ。世界最弱だったブータン代表がスリランカに勝利し、W杯2次予選に進出。新たな日本人監督が就任した。さらに首都ティンプーを走るのは電気自動車・日産リーフ。ブータン政府は2020年代のEV大国を目指す。ティンプーの街中には「マツタケ」日本語の看板が出現。ブータン産の松茸が日本へ続々と輸出され、高級百貨店でも売られていると言う。その先には日本とブータンの新たな「キノコプロジェクト」が動き出していた。

「国民の9割が幸せ」に変化? 幸福度調査が5年ぶりに実施

5年ぶりの幸福度調査!幸せの10段階評価は・・・?

今年、ブータンで5年に一度の「幸福度調査」が行われていた。今回政府から特別な許可を得て、ジパングのカメラが初めて調査団に密着した。向かったのは標高3000メートルの山々に囲まれた小さな村。ブータンの伝統的な家屋で暮らす5人家族。幸福度調査は聞き取り方式で行われ、今欲しい物は何ですか?家族は健康ですか?などなど質問事項は約150に及ぶ。一数年前に購入した中古テレビと中古冷蔵庫に満足し、一家睦まじく暮らす母親がある質問に戸惑いを見せる。「あなたの幸せを10段階で教えて下さい?」果たしてその答えは・・・。

世界の幸福度ランキング 日本は46位!ブータンは…?

幸福度VS経済成長 ブータン人の根底に・・・

今年2月、国連が世界180ヵ国を対象にした世界の幸福度調査を発表した。1位はスイス、これまで1位の座にあった高福祉国家デンマークが3位。そして日本は46位。果たしてブータンは?
ランキングから見えるGDP、経済成長と幸福度の意外な関係とは・・・。ブータンの国是となっている「幸福度」。日本人とブータン人の「幸福」の違いとは。ブータン人の根底にある深い思いとは?

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿