一覧に戻る

バックナンバー

2016年3月7日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

ラオスに一体何がある!?~日本との意外な可能性

世界遺産の町ルアンプラバン

アジアの最後のフロンティア、ラオス。村上春樹が『ラオスにいったい何があるというんですか?』という紀行文集を出版、話題になっている。いったい何があるのか!? ジパング3回目となる取材で、明らかにしていく。どこか日本人が郷愁を感じるラオス、そこには意外な可能性があった!

ラオスに日本の支援・貢献の姿

電動トゥクトゥクアカ族の女性たち

アジア最後の秘境、ラオス。北部にあるルアンプラバンは町全体が世界遺産に指定されており、イギリスの有名旅行雑誌で「2015年・満足度の高い観光地ランキング」1位に選ばれた。そんな世界遺産の町に日本の支援が動き出していた。町中での移動に欠かせないのはトゥクトゥクという東南アジアでおなじみの乗り物だが、なんと日本企業が電動で走るトゥクトゥクを開発、すでに導入が始まっていた。一方、秘境中の秘境と呼ばれる少数民族・アカ族の村にも日本式の貢献があった。元CAという女性が青年海外協力隊としてラオスに赴任、秘境ツアーを企画し、少数民族の村に観光客を呼ぼうと尽力していた。

ラオスに日本式モノづくり&巨大ダムプロジェクト

アデランスで働く女性ダムの建設現場

ラオス南部の町サワンナケートに、去年大きな工場ができた。日本のアデランスの工場だ。約640名のラオス人が働いているが、なんとすべて女性。実はラオスの女性は昔から機織りや刺繍をする習慣があり、手先が器用なのだ。工場ではすべて手作業、彼女たちは人工皮膚に毛髪を1本1本手際よく植え付けていく。毛髪の数はひとつにつき5万本。実はアデランスはタイに工場があったが近年、人件費が高騰しており、ラオスは賃金の面でもメリットがあった。細やかなモノづくりの一方、日本の巨大プロジェクトも動き出していた。山の中に建設されていたのはダム、水力発電所だ。手がけるのは日本の関西電力、あの黒部ダムの10倍の貯水量を持つ巨大ダムを建設中なのだ。さらにこのプロジェクト、実は関西電力にとって特別な意味を持っていた…。

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿