一覧に戻る

バックナンバー

2017年5月22日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

シリーズ中国異変!カラクリか?本物か?中国経済の真相

中国経済の真相!踊らされているのは…

シリーズ企画、ニュースが伝えない「中国異変」。今回のテーマは中国経済の真相。中国はいま「上り坂」か、それとも錯覚で「下り坂」なのか実態に迫る。成長の裏で中国経済の足かせとなっているのが、なくならない「食の安全」や「偽物天国」と揶揄されるコピー商品の問題。一方「世界の工場」から「新産業」への転換を図る中、沸騰しているのが中国発の驚き新ビジネス。減速傾向にあった成長率GDPも数年ぶりに上昇。中国が威信をかける巨大プロジェクトと果てなき野望とは・・・。

日本バッシングと中国経済の「闇」まだまだあった危険食品にニセモノ

見分け困難のニセモノが日本にも・・・

今年3月、中国国営放送が日本バッシングを繰り広げた。理由は中国に輸出される日本食品の産地偽装「誤報」だったのだ。その中国で今なお危険な食品を製造する“闇工場”地帯に潜入。さらに人気ブランドのコピー商品が売られる「ニセモノ城」へ。一見見分けがつかないレベルのコピー商品が、あるルートで日本にもやってきているという。

自転車大国が復活!マナー違反も想像以上・・・

かつての“人民自転車”が驚きの変化!?

1970年代から90年代初めまで、朝の風景といえば街道を埋め尽くす自転車だった。それが今、驚きの変貌を遂げている。わずか1年ほどで巨大ビジネスへと成長したシェア自転車。中国経済を象徴する沸騰現場と早くも大問題になっているマナー違反の数々を取材した。

「国家1000年の計」 威信をかけるスーパー特区計画

人気No. 1“中国版ディズニーシー”

ラスベガスを超えるカジノリーゾートとして知られるマカオは一時落ち込んだGDPが急回復。そして対岸の何もなかった島では「中国政府のマカオ拡大計画」と称されるスーパー特区の建設が進行。中国になかった様々な優遇策で巨大金融センターを中心にした未来都市がつくられるという。そして島にはすでにディズニーを入場者数で上回る中国ナンバーワンの巨大テーマパークが出現、全貌に迫る!

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿