一覧に戻る

バックナンバー

2017年6月12日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

池上彰の世界激変!"北朝鮮の盟友"イランは悪なのか?

池上彰がイランと北朝鮮の関係を解説

トランプショックで激変する世界を、ジャーナリスト・池上彰が徹底解説する人気シリーズ。
今回は北朝鮮とともにトランプ大統領が「目の敵にする」中東イランを取り上げる。イランは日本の脅威となっている北朝鮮とも大きな関わりを持つ。イランと北朝鮮の共通点は「反米」と「核開発」。かつてアメリカが「悪の枢軸」と呼んだのもイランと北朝鮮だった。実際これまで、ミサイル技術などで軍事協力を続けているのだ。そんなイランを「悪」にしないため、日本にできることがあるという。激変するイランから見えてくる世界情勢を池上彰が読み解く。

「反米」なのに意外にアメリカン!? 禁断のマックにアップル…

「偽アップル」とマッシュ?ドナルド

中東最大の人口約8000万人を誇るイラン。首都テヘランは日本人が知らない意外な顔もある。1万店舗が軒を連ねるバザールには輸入品が溢れ何でも手に入る。市場を独占していたのは、イランへの経済制裁に事実上参加せず、進出していた「あの国」だった。さらに街中で発見したのは「偽マクドナルド」に「偽アップルストア」。反米のはずのイランの人々が「アメリカ」に熱狂していた。

世界が注目したイラン大統領選 その裏で…革命防衛隊?

イラン大統領選の裏側を取材

5月19日、世界が注目したイラン大統領選が行われた。ジパングも選挙戦の様子を取材。しかし取材には必ず「翻訳者」と呼ばれる人物が同行し、街では大量の警察官らしき組織に妨害される事態も・・・。実はイランには「革命防衛隊」という政府軍よりも上の軍隊が存在するのだ。池上彰が知られざる革命防衛隊やイスラム国家イランの権力構造を解説する。

反米なのに「親日」イラン 日本への熱い期待

「親日」イランの女子高生

歴史的な「核合意」で国連の経済制裁が解除され、ビジネスの扉が開かれたイラン。日本もいよいよ進出かと思われた矢先、トランプ大統領が誕生。イランへの制裁を緩めず、日本企業もアメリカの顔色を伺うしかない状況が続いているのだ。一方で90年代、多くのイラン人が日本に渡った経験から「熱いラブコール」が送られている。そんな「親日」イランに、いまこそ日本ができることとは…。それが「北朝鮮問題にも良い影響を与える」と池上彰が提言する。

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿