一覧に戻る

バックナンバー

2017年9月4日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

異常気象と闘う 第3弾

なかなか消し止めることのできない森林火災

雨が続いたり、思いのほか、気温が上がらなかったり、今年の夏も"いつもと違う"。
それは日本だけではなく、いまや世界が毎年のように"異常気象"に見舞われている。
今回は、異常気象による「森林火災」「干ばつ」「竜巻」と闘う人々を取材した。
力でねじ伏せるか・・・知恵と技術で防ぐか・・・それとも、身を挺して、謎を解明するか・・・
異常気象との戦い方は様々。
一体、なぜか?

“森林火災”に切り札登場! ジャンボジェットで山火事を消せ

森林火災に出動した「消火ジャンボジェット」

以前は、雷の多い夏、そして空気が乾燥する冬に多かった森林火災。
それが今では、年がら年中、世界中で森林火災が発生している。
多い年には、日本の1、5倍近い森林が、1年で燃えているという。
そんな森林火災に対抗する手段として、アメリカに誕生したのが「ジャンボジェット機」を改造した「消火用ジャンボジェット」。
座席を丸ごと取り去り、およそ7000リットルものタンクを10積み込んだ。
史上最悪と言われる森林火災に、この「消火ジャンボジェット」が出動。
活躍する様子は、壮大で圧巻。

“干ばつ”を救うのは日本の天気予報!?驚きの最新気象予測

天気予報のため、毎日あげられる“風船”

テレビで毎日見る天気予報。予報するためのデータをどう集めているか、知っている日本人は、そうはいないであろう。もちろん、ハイテクの部分が多いが、実はいまだにすごく古臭い方法をとっている部分もあるのだ。その一つが「風船の打ち上げ」。
予報に必要なデータをとるため、毎日直径1、8メートルの風船を人の手であげているのだ。そして、その技術がいま、干ばつ被害に苦しむ東南アジアを救おうとしていた。

猛威をふるう“竜巻”・・・謎を解明、救ったのはなんと日本人!

竜巻の謎を解明した 日本人博士

真っ黒い煙の様なものが迫ってくる・・・映像で見てもその恐ろしさがわかる「竜巻」。
実は世界の竜巻の3分の2は、アメリカで起こるという。
そんな竜巻の「動き」や「強さ」など、竜巻に関する多くの「謎」を解明したのは、日本人なのだという。その日本人博士のおかげで、多くの人の命が救われたというのだ。
その日本人とは、一体どんな人物なのか・・・。

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿