一覧に戻る

バックナンバー

2017年10月30日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

インド洋の真珠 スリランカ争奪戦!

スリランカに再進出した三井物産の社員

ここ数年、世界各国からの旅行者が急激に増えているという国、スリランカ。
北海道の8割ほどの小さな国土にある8つの世界遺産が特に人気だ。
そんなスリランカだが、いまビジネスの面でも注目を集めている。
スリランカの内戦で、一時撤退していた日本企業が再進出、新たに進出する企業も続々と出てきている。また日本企業以上にスリランカに注目しているのが中国企業。
高層ビルから、人工島、港の建設まで、大攻勢をかけている。
なぜいま、スリランカなのか?日本企業に勝機はあるのか?

日本vs中国 スリランカでの攻防戦!

スリランカで人工島を作る中国企業の船

1980年代初頭から20年以上に渡って内戦があったスリランカ。
内戦が終結し、政情が安定したことで、スリランカに戻る日本企業が出てきている。
大手総合商社の三井物産は、10年ぶりにコロンボに事務所を開設、新たなビジネスを模索している。なぜスリランカなのか、というと、スリランカは、大国インドに近く、中東、アフリカに向けての中継地点となるから、地政学的にも魅力ある国なのだ。
そんな国にいま、日本以上に熱い視線を送っているのが中国だ。
高層ビルや港などあらゆる場所で、中国企業と汗を流す中国人労働者の姿が。
しかしその中国企業の開発現場で、ある大きなトラブルが起きていた。

紅茶からみる・・・日本とスリランカ長くて深いつきあい

新たな茶葉を捜すため味見をする三井農林の社員

日本とスリランカの繋がり・・・一番と言っても過言でないのが、スリランカの特産品、紅茶だ。世界に紅茶の産地はいくつかあるが、日本人に最も馴染みが深いのは、インドでもなくケニアでもなく、スリランカの紅茶なのだという。
日本の紅茶メーカー、日東紅茶で知られる三井農林が、高級茶葉を使った商品の開発を始めていた。
重要視するのは「香り」。いい香りがする、美味しい紅茶を作るため、リプトン、フォションといった名だたる外国メーカーとの“し烈な争奪戦”を繰り広げていた。
日本のテレビとして初めて、スリランカの紅茶オークションにカメラが入った。

幻のスリランカコーヒーを復活させる日本人!

幻のスリランカコーヒーを復活させるため奔走する日本人

紅茶の国として有名なスリランカ。実は、紅茶が特産品となる前は、コーヒーがスリランカ一の特産品だったのだ。しかし、ある病が流行し、コーヒーの木は全滅。
そのコーヒーを復活させようとする動きがいま、スリランカで起きているのだ。
それも、日本人の手によって。なぜ日本人が、コーヒーを復活させようとしているのか?

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿