一覧に戻る

バックナンバー

2017年11月20日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

ニッポンの餃子が世界を平和にする!?

パリの餃子専門店

いまや世界どこに行っても食べられる「日本食」。しかし、その様相は、変わりつつある。
現在パリで沸騰しているのが・・・「餃子」と「お好み焼き」。
もちろん、美味しいから人気なのだが、パリで人気なのは、他にも理由が。
それは、「餃子」も「お好み焼き」も、"中に色々なものが入れられる"から。
欧州の中でも、特に移民、難民問題で揺れるフランス。
イスラム教徒なら「豚」はダメ、インド系なら「牛」は食べないが、餃子もお好み焼きも、
中に入れるものを変えるだけで、様々な宗教、人種にすぐに対応できる。
日本食がいま、多民族国家・フランスを平和にする!?

フランスで餃子大流行!その裏には・・・

料理教室でも「餃子の日」が人気

パリっ子に人気のあるバー。そこに通う人たちのお目当ては…餃子。
ワインやビールと共に、気軽に餃子を口に運ぶ。“
新たな日本食”として今、餃子がパリで沸騰しているのだ。
外で食べるだけでなく、家庭でも作りたいという人が増え、餃子作りを教える料理教室まで登場。しかも、ここで作っていたのは…何と「鶏肉」を使った餃子だ。
実は多民族国家のフランスでは、どんな宗教の人でも、中身さえ変えれば食べられるという理由もあり、餃子が受けているのだという。

新たにお好み焼きとソースが人気!

パリで人気のお好み焼き店

パリでもう一つ人気になっている日本食が「お好み焼き」。
これも餃子同様、様々な具材が選べるという点では、様々な人々に受け入れられ、人気になっているのだ
しかも今、そのソースがとても美味しいと、ライスを注文し、それにお好みソースをかけて食べる人も出てきたという。
「ソースの国フランス」で意外なソースが注目を集めている。

まさか・・・総菜パンも!

大人気の総菜パン

パリで沸騰している現場をもうひとつ。そこは・・・パン屋。
店をのぞいてみると、並んでいるのはバケットやクロワッサンではなく・・・
焼きそばパンやコロッケパン。そう、日本の「総菜パン」だ。
パリの若い世代を中心に、日本の総菜パンが大受け。
ついに地元パリの老舗パン店でも、総菜パンが並ぶようになった。

放送を見逃した方はこちらから!

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿