バックナンバー

2017年12月11日放送

激変する超大国インド 日本が急接近!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

激変する超大国インド 日本が急接近!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

日本とインドが急接近している。"日本の新幹線"方式の高速鉄道採用が決まり、今年9月には起工式が行われた。そんな超大国へと進むインドが、いま激変しているという。1年前、モディ首相が宣言した"高額紙幣の廃止"をきっかけに、現金社会のインドで電子マネーが普及、"キャッシュレス村"まで生まれていた。一方、世界初の「牛の救急車」も登場、街でケガをした牛を次々に保護していた。激変するインドに日本企業が"驚きの戦略"で乗り込んでいた。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) ~沸騰現場の経済学~ 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

突然の高額紙幣禁止で…社会が激変!

去年11月、インドが大混乱に陥った。モディ首相が突然、“高額紙幣の廃止”を宣言したのだ。新紙幣と交換しなければ、ただの紙クズになる。インドは現金社会のため脱税や偽札が横行、そんなブラックマネーを撲滅するための政策だった。ところが1年後、インドを訪れてみると驚くべき変化が…。現金社会だった街で、市民がおサイフケータイなどの“電子マネー”を駆使していた。さらに小さな農村には、まったく現金を使わない“キャッシュレス村”までできていた。

“家庭の味”を職場に届ける…驚異の弁当配達人

インド最大の都市ムンバイ。100年以上続く驚きのシステムがあるという。それは“弁当配達人”。家庭で作った弁当を、職場まで届けてくれるという。その理由は、職場でも家庭の味を食べたい、家庭の味を大切にする習慣からだった。そんなインドにも食生活の変化の兆しが…。欧米のファストフードの店が次々に進出していた。その一方、日本の外食チェーンは出遅れているという。そんな中、果敢にもインド人の胃袋をつかみ始めた日本企業があった。

世界初…“牛の救急車”が登場!

世界でもインドにしかない珍しい救急車があるという。それは“牛の救急車”。街の人が、怪我をしている牛を見つけると通報、救急車が駆け付けるという。インド人の8割を占めるヒンドゥー教徒にとって牛は“神の使い”、神聖な生き物なのだ。その一方で、街角の店では、牛肉のカレーが売られていた。実はインド、世界一の牛肉輸出国でもあるという。一体、どういうことなのか?

NAVIGATOR

山田剛(日本経済新聞 シニア・エディター)

1988年日本経済新聞入社。
元ニューデリー支局長で、インド経済に関する著作多数。
現在、日経新聞編集委員。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。